森友学園問題の根っこにあるのは政府vs財務官僚!?野党は蚊帳の外

スポンサーリンク

 

 

森友学園問題の根っこにあるのは政府vs財務官僚!?

 

今日は全く商材と関係ない話をします。

 

というのも森友問題でTVを賑わせていますが、長きにわたり余りにも醜い争いを見せられてうんざりしているのは私だけでしょうか?Fairnessのないこの国は、本当に社会主義国家の形相を見せ始めているのはお気づきではないでしょうか?

言葉を替えれば「官僚主義」ですかね。それは昔からかわらんか。

でも昔の政治家の方々は官僚を抑える力量があった。今は無能だと言われんばかりの面々。国の力を図る上ではわかりやすい指標でしょう。

まぁ、それはともかくとして本題の森友問題なのですが、これが真実なのではと思っています。

本命は「消費税増税」です。

関係ないだろうと思われがちですが、この問題を俯瞰してみれば見るほどそれしか思い当たらないのです。

考えてもみてください、何故あれだけ「ないない」と財務官僚たちが言ってきた文書が今更出てきた!なんて事になるのですか?

安倍首相は2度にわたって決まっていた消費税増税を延期しています。3度目はないぞと官僚たちは暗に意図した行動に出たのが森友学園問題の文書。それも改ざんされていた事までもリークしてしまった。

それに乗った野党の烏合衆。相変わらず構図は変わりませんね、日本の政治と官僚とメディアの関係はね。

安倍首相、そして内閣が成した事で官僚にとって一番痛いことは何だと思います?

「人事権」

そう、主要人事権を官僚から奪うことに成功したのです。これは民主党時代に自民党が外からいていて痛切に感じたという話を聞いたことがあります。

人事権こそが一番大きな権力なのです。

それはどの組織でも一緒です。

その人事権がなかったがために民主党政権はかなり苦労しました。それを自民党はちゃんと見ていたのですね。

だから安倍政権になってからやった事の最初のほうで人事権を奪ったのです。

それは官僚たちにとってはかなりの痛手でしたね。

政府に楯突いたら出世ができませんからね。

これは調べればわかると思いますが、官僚にとって出世が一番なのです。一に出世、二に出世、三に出世と言っても過言ではありません。本当にそれには固執します。だから人事権を持っている権力には絶対に楯突かないです。(特にキャリア官僚の話です)

陰ではボロクソに言っていますけどね。(笑)

権力を得た安倍政権だからこそ消費税増税を2度にわたり延期ができたのですね。これは実は官僚主義国家である日本にとって凄いことだったのですよ。

そこで森友問題なのです。加計学園問題は相手側が森友問題を見て上手く乗り切りましたね。森友さんはそうは行かなかった。彼はある意味真面目過ぎたかもしれません。

人間性の違いとも言えると思いますが。

でもこれこそ財務官僚が欲しがっていた、脅しのネタなのですね。

上手いです。相手に恩を売っておいて、実はそれを首ねっこを捕まえる良い材料にする。

文書改ざんという違法行為をしてまでですよ。権力の椅子に甘んじてしまった安倍さんの大きな過ちでした。

今、官僚たちが安倍政権に反旗を翻したとしか私には見えないのです。

官僚の数人は痛い目に会うのは間違いないのですが、そこまでしてリークする理由は他にありますか?

「消費税増税」予定通りに行え!という理由しかないのでは。

 

消費税増税は財務省はもっとやりたがっています。それは何故か?

税収が上がると思っているのです。ちょっと勘違いだと思っているのですけどね。

財務省は思っているのでしょうね、金持ちがちゃんと税金払っていない、税金逃れをしていると思っているのです。確かにそれは正しい。タックスヘイブンの話でもわかるように逃げ方はいろいろあるようです。

私にはわかりませんが。(笑)ちゃんと税金払っていますからね。

税金逃れはある意味間違いないと思いますが、でも正直経済に対する規制が多すぎるから経済活動に支障が出ているのも事実です。実際日本のバブル崩壊の一因は大蔵省の不動産への規制から始まりましたからね。

官僚というのは世の中の空気が読めない人とも言えますからね。自分たちが日本を動かしているんだって自負がありますから、「民間というものは我々が統制しないとダメだ」と思っていますから、民間の企業や組織の経済心理を理解するのは無理でしょうね。

 

話が逸れましたが、財務省を含め官僚というものは組織を維持するため、そして利権を守るために彼らは英知を使います。

今回英知が使われたところは「消費税増税」を予定通りに行うこと。

財務省にとって税金が一番の収益ですからね。これしかないと思っていることでしょう。

確かに税金逃れする輩が悪いという側面もあるのですが、しかしながらもっと上手くやれば税収なんて上がると思うのですけどね。

だから民間人の世界がわからない官僚たちには消費税増税一本やりでしかありませんよね。

所得格差が広がれば広がるほど、金持ちは税金逃れすると思いますよ。そのしわ寄せが稼げていない大半の人に来るというのはいかがなものかと思うのですが、それを是正しなければいけないのが政治家の役割なのですが、政治家が無能の衆なのでこの国はだめだと思っています。

格差を是正する方法をご存知ですか?

今までのやり方しかなければこれしかありません。

 

戦争です。

 

今、安倍政権は憲法改正しようとしていますよね。戦える軍隊を作りたいのだと思います。

もし、もし安倍首相がこう考えていたら凄すぎると思います。

戦争をすることによって、民間の格差も是正され、さらに官僚システムをも崩壊させてより良き統治国家のためのシステムを作りあげる

そのためには民間人の痛みは仕方がない

という将来図を作っているならば凄く恐ろしいことであります。

でも今の人間社会では所得格差を是正するにはその方法しかないはずです。歴史をよく調べればわかると思います。ピケティ氏の本にも書かれていますよね。

でも戦争という手段を使ってはいけないと思っています。それは世界中の知識人は理解しているはずです。

だから、AIも含めて今注目を浴びているのがベーシックインカム

ベーシックインカムは導入するにはまだ難しい世の中でしょうけれども、所得格差という呪縛から人間社会が解放されるには今はもうそれしかないのではと思っています。

でもそれが導入されたころには資本主義というものの終焉が見えてくるころだと思います。

 

すみません、また話が逸れてしまいました。(汗)

 

とにかく安倍政権が森友問題で窮地に立っているのは、官僚たちの反乱としか見えないのです。その理由はこれしかないのだと思います。

「消費税増税」を予定通りに行うこと。

安倍首相は実は自分の政権中は上げないつもりで内々で決め始めたのではと察しています。

アベノミクスに固執しているからです。

何としてでもデフレマインドから解き放たれて、年利2パーセントのインフレターゲット。

でも消費税増税したら間違いなく冷え込みますからね。

安倍政権は一度失敗していますからね。消費税8パーセントになって全く冷え込んでしまいましたからね。

それも陰に隠れて、その時に公務員の給料も上げている官僚のしたたかさ。

官僚組織とはそういうものです。自分たちの組織が維持、拡大できれば良いのです。

でも官僚一人一人は人間なのでまた別なのですけどね。これが不思議です。組織と個人は違います。

と、フォローしておきましょう。(笑)

 

というわけで、どうも世の中を俯瞰してみると、いま述べた内容にしか見えないと何故か夢の中で思ってしまい、忘れないうちに書き留めないとと思ってブログにアップしてみました。

 

まぁ、どう考えるかは人それぞれなので、私の戯言だと思ってくれて結構です。答えは近々わかると思いますよ。

 

スポンサーリンク

 

 

One comment

  1. こんばんは!
    森友問題についての報道に飽き飽きしているのは、世間のほとんどの方がそう思っているのではないでしょうか。
    聞いてると、ドンドン腹立たしくなるばかりです。
    応援ポチしました。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.