ニッチ系起業家のための情報販売戦略- ロングリッチプレナー3.0 前里光一郎 の評判

こんにちは!!お元気ですか?

  カーリングという競技、知っていますか?私はこの競技が好きですね。日本人に合うスポーツだと思うのですが。

混合ダブルス日本選手権の5日の決勝戦で五輪3度出場の小笠原歩、元日本女子代表監督の阿部晋也のペアが優勝しました!

この小笠原選手はカーリング界では有名ですよね。そらこそ女子カーリング界の立役者の1人です。もう10年前くらいですかね、今でそうですが、あの頃の女子カーリングは強かったですね。

そして元女子代表監督って、監督が選手として出場して良いんだ。まぁ、凄い体力は必要ないですからね。年齢が行っても出来る競技だから良いですよね。

日本代表として世界選手権に出て、平昌五輪出場枠の獲得を目指すそうです!
混合ダブルスは平昌五輪からの新種目だそうです。頑張って欲しいですね!

私も頑張ります!!

 

 

ではよろしくお願いします!!本日の商材はこれです!!

商材名 ニッチ系起業家のための情報販売戦略-|ロングリッチプレナー3.0|
販売元  前里 光一郎
電話番号 090-1947-8001
メールアドレス imhassa@gmail.com
住所 沖縄県宜野湾市志真志2-3-9 302号
URL http://obe.secret.jp/long-rich/

 

これはなかなかきわどいものをピックアップしてしまいました。

内容は商材コンテンツ制作と売るためのセールスレター等の戦略についてのPDFマニュアルです。

まずはニッチ系起業家とは何でしょうか。それは簡単にいえば、マーケットの小さい分野に投資して、商売をすることですね。参入者も少ないので利益が取りやすいというメリットのある分野で起業している人を指します。

商材内容
・ロングリッチプレナー3.0
PDFファイル全293ページ(全4章構成)

通常特典
・特典1 すぐ出来る商材の作成方法 (動画20分34秒)
・特典2 ニッチ系セールスレター徹底解剖 (動画48分19秒)
・特典3 売れる月、売れない月の統計データ
・特典4 シークレット特典

スペシャル特典
・ボイスメールコンサルティング
(原則1回のみ)

第一章 起爆剤の作成
・まるで洪水のように、やる気が心のそこから噴出してくる危険な思考法とは?
・やるべきことが明確になり、二度と何かにだまされなくなる方法とは?
・稼ぎたい気持ちが逆にマイナスの結果を生む、その理由とは?
・長期間、利益をもたらしてくれる商材を作るには?
・ありえないほどの低予算で、莫大な利益を上げる具体的なプランとは?
・楽して稼ぐことを追い求める行為の末路とは?
・初心者という領域からすぐに脱出する方法とは?
・まったく無名な状態から一気に自分の価値を引き上げる方法とは?
・寝ても覚めても、やる気が心の底から湧き続けるたった一つの方法とは?
・情報販売で絶対にやってはいけないASP登録の仕方とは?
・全く売れなかった商材をバカ売れ商材に変身させる方法とは?

第2章 セールスレターの売り上げを加速させる有効な手段
・セールスレターの力を発揮するコンテンツとは?
・その他大勢に埋もれず、常に前線に立ち続ける方法とは?
・無名の販売者がやってはいけない運営方法とは?
・情報商材を、絶え間なく売っていくために重要な集客方法とは?
・情報販売をするうえで、絶対にもっておきたいツールとは?
・ニッチなジャンルであればあるほど、有利になる理由とは?
・安い費用で効果のあるビジネスツールとは?
・手間のかかる商材作成をあっという間に作り上げる方法とは?
・売り上げが大きく上昇する絶対にはずせないものとは?
・必要以上にやってはいけないあることとは?

第3章 セールスレターの作成方法について解説
・セールスレターを書くときに絶対にやってはいけないこととは?
・情報販売者が気付かないうちにやってしまっている危険な罠とは?
・セールスレターの成約率を上げるために、最もシンプルで今すぐ出来るテクニックとは?
・読み手の信頼を獲得し、レターをしっかり読んでもらうために重要な考え方とは?
・読み手の心を強く揺さぶる、売れるセールスレターを書くために必要な「能力」とは?
・セールスレターを書くときに陥りがちな、最も危険な意識状態とは?
・読み手の心にある欲求や隠れた願望を的確にレターに反映させる方法とは?
・読み手が持つ不信感や、否定などの感情をすべて取り払う具体的な方法とは?
・レターのデザインで絶対にやってはいけない色使いとは?
・レターを見ただけで、売れるか売れないかがわかってしまうほどの明確な基準とは?
・販売初月から売り上げを伸ばすための、絶対にはずせない販売戦略とは?
・実は、導入すると逆効果になってしまう危険なサービスとは?
・商材の価値を正確に伝え、商材が欲しくてたまらないという状態にるす方法とは?
・読み手の心にすんなり入り込めるセールスレターの構成方法とは?
・ある箇所を中途半端にすることで、面白いほど成約率を上げることが可能になる手法とは?
・レターを開いた瞬間、全部読まずにはいられないほどの強力な文章を作る方法とは?
・成約率を上げるために、ほとんどの人がいまだに気づいていない有効な方法とは?

第4章 情報販売で確実に利益を出すための戦略
・メルマガ読者が少なくても、大きな利益を出す方法とは?
・ニッチ系商材販売者がもつ最大の強みとは?
・価格設定で絶対にやってはいけないこととは?
・販売開始と同時に大きな波を作り出し、一気に注目を浴びる方法とは?
・商材を情報商材ASPに登録する前に完璧にしておくべきこととは?
・メルマガの内容を価値のあるものに昇華させる最も簡単な書き方とは?
・今買わないと夜も眠れない。読み手がそんな状態になる販売戦略とは?
・販売意欲の高いアフィリエイターさんを短期間で大量に集める方法とは?
・誤って使ってしまうと相当大変な目にあってしまう危険なツールとは?
・情報商材を販売するときに、肝に銘じておくべき「事実」とは?
・絶対に使ってはいけない広告媒体とは?
・毎月継続して利益を出すために重要な3つの販売網とは?
・セールスレターのデザインで絶対にやってはいけない痛い行為とは?
・超格安で良質なレターデザインを作るには?

という内容なので、これら項目で気になることがあればネット検索で結構いろいろ出てくるかもしれませんよ。お試しください。この金額払って、PDFファイル見たら幻滅したなんてことにはならないと思いますよ。私が察するに1ページに果たしてどれくらいの文書が書かれているかどうか。293ページとは言え、量的には半分で書ける内容だったりすることも多々ありましたからね。

それにセールスレターが大切なら、ここに書いてあるセールスレターを隅から隅まで分析してみましょう。それである程度手法も分かるでしょうし、この中身の質がわかると思います。

私が察するに、書籍やネット検索で出てくるような内容が殆どではないかと思っています。書籍でも良書がたくさんありますから、本屋などで調べて見たり、AMASONなどの販売サイトで調べてみればいろいろ良書は出てくるはずです。
それに、ニッチな商材とはどういう風に探すのか?作るのか?には言及されてませんよね。ニッチという言葉を出すのも手法の一つかも知れません。

でもセールスレターの中でこれだけは褒めても良いです。「楽な道ばかりを選んでいると、確実にあなたに忍び寄る危険な罠があります。」

その通りです。其のためにも、このブログは読んでおいたほうが良いと思います。

でも正直に表記されているところは好感は持てます。特商法の表記は必ず見ておきましょうね!!

「本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。」

沖縄の方ですよねぇ、他にも沖縄の方いましたね、このブログの中の商材関係者で。

1万5千円くらいでの失敗なら安いものです。でもそういう失敗者を多く出して儲けるのがこの手法ですよ。分かりますか?

買わないのも投資ですよ!!

それではまた!!

GOOD LUCK FOR YOU!!

商標出願マスター講座 株式会社グラバー 吉村啓志 の評判

こんにちは!お元気ですか?

 

文化の日ですね。この時期は多くの学校が学祭をやっていますよね。

 

懐かしいなぁ。一杯ハメ外しましたね。高校でも大学でも。

 

何やっても許された年頃でしたね。あの頃にはもう戻れない。

 

ちょっと淋しい気分になります、文化の日は。

 

 

 

さて、本日の商材はこれです!!!

商材名 自分でできる商標出願 「商標出願マスター講座」
販売元 株式会社グラバー 吉村啓志
電話番号 03-6869-4126
メールアドレス info@gnet.tv
住所 東京都新宿区大久保2-14-16
URL http://www.yoshimurakeishi.com/ssmc

 

異色な商材を取り上げてみたいと思います。

 

商標登録の出願のためのコンサルタントのような商材です。

 

商標って何ですか?

 

ですよね。

 

商品やサービスのロゴや名前(文字)のことです。

 

商標を特許庁に登録することである意味「独占権」を得られることとなり、真似をしている会社などを訴えて損害賠償や権利使用料を請求したりできます。

 

なんかたまにニュースとかで見ますよね?日本で商標登録して大きくなった会社が海外進出しようとしたら、その国でその商標を赤の他人が取得していて商標が使えないで困っているという話とか聞きますよね?

 

商標って言っても区分がかなり複雑なのです。区分というのは我々で言うカテゴリーですね。区分は全部で45種類あります。

 

何が難しいかというと、一商標一区分ではないのですよ。何区分でも登録出来るのです。またその方が商標権をより広い範囲で守ることが出来るので商標に関するカテゴリーは出来るだけ多いほうがメリットがあります。もちろん商標とは余りにもかけ離れた区分は如何なものかと思いますが。

 

というのも区分が多ければ多いほど収入印紙の金額がかさみます。所謂出願料にあたる金額なのですが、それがデメリットにはなりますね。

 

大まかな手続方法です。

 

まずは自分が登録したい商標がすでに登録していないか調べる。

 

これは簡単に調べられます。こちらのホームページで調べられます。
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

 

そして自分の商標をどの区分で出せばいいか調べる。

 

それは、他の似た商標などが参考になりますから、いろいろ調べてみるべきです。そこにはどんな文言で登録しているかもわかるので申請書の作成のときには有用です。

 

そして必要書類の準備。こちらでダウンロードできます。
https://faq.inpit.go.jp/industrial/faq/search/result/?tvid=7&catename=%E5%90%84%E7%A8%AE%E7%94%B3%E8%AB%8B%E6%9B%B8%E4%B8%80%E8%A6%A7

 

そして特許庁に電話をして、書類等の確認を行う。

 

個人でやる場合はいろんな不備があるので、とにかく色々聞いておけば問題ないでしょう。

 

特許庁の電話番号:03-3581-1101

 

そして出願です。郵送でも、特許庁に直接出すのもOKです。直接の方がその場で不備を直せるのでオススメします。

 

ということで、個人でも出来ますからこの商材は全くオススメしません。

 

この著者である吉村氏は佐世保バーガーの創業者です。

 

商標登録を怠ったために、ニセの佐世保バーガーの店を真似された店舗が数多く出来てしまったようです。

 

その苦い経験からこの講座を開きました。開くというより著作物なので書いたといった方が適切ですね。

 

この方の経歴はランディングページで読んで頂ければわかるのですが、佐世保バーガーでの成功以来いろんな事業を展開していたのですが、ある時にそれらを売却してなんとFASホールディングスの代表取締役に就任しているのです。

 

これが眉唾ものなのです。あの与沢翼が代表取締役会長なのです。FASホールディングスという会社は与沢氏の息のかかった会社なのです。

 

与沢翼に関してはもうかなりの詐欺師として、ネット業界ではネオヒルズ族としてあらん限りの詐欺をやってきた人物です。ネット検索すれば信じられないくらいの数の情報が出てきます。

 

特にこの与沢氏は2回も破産していますが、どうも計画破産の可能性も指摘されています。財産は海外に隠して破産させる。

 

その内容は噂の域から出ないですが、それくらいきな臭い人物なのです。

 

そういう会社の社長が出している商材ですから、まずは疑ってかかった方がいい。

 

株式会社グラバーって何なのでしょうね?長崎にあるグラバー邸にかけたのでしょうかね?全くのペーパーカンパニーの可能性も否定できませんね。

 

それに特許の出願は、特許事務所という独立法人や弁護士が運営している会社は多く存在しますので、そういう所で相談した方が間違いありません。

 

金額的にはこの商材は3万円なので、平均的な報酬としては安いほうです。それに、サポートもそれなりに充実しているようです。出願終了後も何か不備が指摘されたりして思うように進まないときには相談にのってくれるようです。

 

でも、大事な商標です。このような安易な方法を取らずに、個人で進めて見てダメなら特許事務所や弁護士にお願いして下さい。

 

与沢翼の会社かぁ、ダメですね、この商材。全くオススメしません!!

 

今日もご拝読有難うございました!!
それではまた!ごきげんよう!!

GOOD LUCK FOR YOU!!