ビットコイン裏技自動売買ツール MAGICBIT F クリアイズム有限会社 片桐健の評判

こんにちは!お元気ですか?

仮想通貨バブルが遂に弾けましたが、世の中の株式相場も下落していますよね。

世の中の流れは注視していかないといけないと思っていますが、正直見ていて面白い!と思うのは私だけですかね?

拝金主義者、幸あれ!ですかね。(笑)

スポンサーリンク

本日の商材はこれです!!

商材名 : ビットコイン裏技自動売買ツール MAGICBIT F
販売元 : クリアイズム有限会社
運営責任者 : 片桐 健
電話番号 : 03-3369-5872
メールアドレス : info@seoken.net
住所 : 東京都新宿区西新宿7-9-7丸山ビル2F
URL : http://clearism.jp/magicbit_f/index.html

infotopから発売されています、仮想通貨または暗号通貨と呼ばれているものを取引することに寄って利益を上げる手法をビジネスモデルとした商材です。

自動売買ツールなのですが、基本的にはこのブログでは自動売買ツールは全くオススメしていないのですがこの仮想通貨系のものに関してはちょっと話が違うようです。仮想通貨の根本的な話も含めて説明していきましょう。

[toc]

仮想通貨とは?

バーチャルコミュニティー、つまりインターネット上で使われる新しい形の電子マネーの事を指します。

普通、お金というのは国家が価値を保証してくれるのであのような紙、もしくは鉄で作られたお金がというものが相応の価値があるものとして売買に利用できるようになっているのですが、仮想通貨はデジタルマネーで基本的に国家や中央銀行、公権力が発行したものとは全く関係なく、利用者の信用のみが仮想通貨の価値を決定するものなのです。

ブロックチェーン

この仮想通貨を支えている仕組みですね。管理システムです。

簡単に言うと「仮想通貨の取引履歴」です。

このシステムは凄すぎて私もあまりまだ詳しく理解できていないのですが、ビットコインを利用しているすべての人のビットコインの取引履歴を全員が共有できるようなシステムになっているのです。

わかります?サトシ・ナカモトと言う人物が発明したシステムらしいのですがこちらを参照して頂き、更に彼の論文を読んで頂ければご理解出来るかと・・・英語ですけど。(汗)

サトシ・ナカモト

ブロックチェーン論文

仮想通貨の信用を支えているのは?

「金」と同じように考えればわかりやすいと思います。

金は埋蔵量が限られていますよね。その昔は金が貨幣だった時代があるくらいでした。その埋蔵量に限りがあるからある程度の価値は保たれていました。

仮想通貨、代表的なものだとビットコインですね、発案者達が価値を守るために流通量を制限する仕組みを作っているのです。

そして全員が取引履歴(ブロックチェーン)を共有、監視することで価値を保つことができるのです。

仮想通貨の是非

仮想通貨と銀行が発行している貨幣が交換できる、それも価格が変動するという時点で現在は非常に投機的なものとなっています。

元々は発案者達が世界の銀行が発行している銀行券で海外送金や売買での不便さから「こんなのがあったらいいなぁ〜」と作り上げたバーチャル貨幣システムです。

但しこれは私個人の考えなのですが、インターネット上だけで利用できるのであれば素晴らしいものだったのですが、既存の貨幣と交換ができるという事で非常に危ういものになってしまったと思っています。

国家や中央銀行からの縛りがなくなって、世界中の人間全員が等しく平等に使える貨幣としての仮想通貨ならばそれは凄い事だと思っているのですが、やはり既存の貨幣との繋がりが出来ると投機的な取引ばかりが横行するようになっていきましたね。

仮想通貨事情 (201712)

  • 12月11日のCBOE(シカゴオプション取引所)

  • 12月18日にCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)

この2つの取引所がビットコイン先物を始めました。

これで機関投資家がどう入ってくるかが注目されます。

これである程度の指標が出来るのでビットコインそのもののトレードはやりやすくなると思います。今までが本当に五里霧中のような上げ下げを繰り返してきたビットコイン相場です。これからはもっと落ち着くのではないのでしょうか?

今年は

  • Cantor Fitzgerald & Co. ビットコイン先物
  • NASDAQ証券取引所 ビットコイン先物
  • Cantor Exchange ビットコインバイナリーオプション

などが参入してくるという話です。良い意味でも悪い意味でも複雑化していくので相場を注視していかないといけません。

暴落後の仮想通貨の未来は明るい?

仮想通貨に関しては今回のバブルは終了したと見てよろしいと思います。

しかしながら、2月6日に60万円台にまで落ちたビットコインはまた上昇し始めています。これがどういう意味なのかという事を見定めて行かないといけません。

これは更に下落する前の戻しなのか、それともまた上昇していくのか。

こういうバブルや暴落を見て健全な取引が出来るような世界になっていくと思います。

特に現在でも多くの草コインが存在していて、その約9割以上は詐欺コインと思っても良いという話です。

そういう草コインが淘汰されて健全に近い形での取引が成されれば仮想通貨、ブロックチェーンの未来は明るくなると期待しています。

基本的にはブロックチェーンというシステムは素晴らしいもので、今でも改良の改良を重ねているので何も心配はしていません。

但し、通貨というものがどういうものなのか、根本的な概念を理解していないと痛い目を見ます。

所詮は通貨です。金が金を生むようなことは非健全だと思う世の中になっていかないと行けないのだと私は思っています。

つまり、価値あるものを生み出して、そこにお金が流れるというのが一番健全なお金の動きだと理解して頂ければ良いです。

FX(為替取引)などは個人で取引する理由はつまり金で金を生ませたいというだけの話であり、特にリスクの高いビジネスモデルでもありますので、この仮想通貨の取引も全くオススメしていません。

しかしブロックチェーンなどの技術、そして中央集権型から離れて非中央集権型の世界になっていくのであれば私は応援したいという意思はあります。

ビットコイン裏技自動売買ツール MAGICBIT Fについて

仮想通貨の自動売買ツールなのですが、取引所や販売所の盲点をついたシステムなので面白いと思っています。

これは最初はアービトラージ取引(裁定取引)かと思いましたが、実は10秒遅れの情報をわざと収集してそこから売買するという手法です。(設定では1秒から20秒まで遅らせる事が可能)

過去の価格で買えるのかというと、1秒前でも株式でもFXでも買うことは不可能です。

しかしビットコインだけはそれが可能なのですね。

一つ間違えてはいけないことがあります!
ビットコインなどの仮想通貨は販売と取引と2種類存在します。ビットコインは販売もしていますが、取引もしています。他の種のコインは取引というより取引所が決めた販売価格で販売しているものが殆どです。ここではあくまでも取引している場所での話です。

取引所にアクセスできる人はわかると思いますが、実は指値で売っている方が非常に多く、それも価格帯の幅は広いのです。

値が上がり始める時、特に急激に値が上がることは度々あります。その時をソフトが狙い撃ちできるということです。

基本的には取引された価格が現在の価格になるのですが、取引されていない10秒前の価格のままの指値で売り出されているコインも存在しているのですね。(笑)それを狙っています。

現在価格が上昇し始めた時に、10秒前の価格で売っている人がいたらその人から買って(指値で指定すれば買えます)値が更に上がった所で売るという事です。(笑)

面白いですよね。ここがまだこの未成熟な仮想通貨の世界なのです。

これは株式やFXでは絶対ありえません。

ビットコイン裏技自動売買ツール MAGICBIT Fはオススメでしょうか?

まぁ、捨ててもいいお金があれば試してみても良いのではないでしょうか!というくらいです。

管理人からのオススメは現在この2つのみです

募集は数名のみです!!
貴方を絶対に稼がせます!!

確かに未成熟な所がありますからまだまだ抜け道などはとても多い世界だと思っています。但し、取引所自体が潰れてしまえば元も子もないです。そして先日のコインチェックのように盗まれる可能性はゼロではありません。ネットに繋がっている以上、可能性はゼロとは言えません。

自分で守れる方法があるのであれば取引しても良いのではと思っています。

そして仮想通貨のバブルは終わりましたから、また更に値崩れする可能性は否定できません。

そしてこの自動売買ツールは所謂、現物の取引のみでの手法なので空売りなどでは出来ないので値崩れした場合は稼ぎは低くなります。

(それでも値崩れした中でも少しでも価格が上がれば少しは利益は出ますが・・・・)

日本ではbitFlyerやコインチェックなどの取引所、及び販売所が有名です。

実はビットコインなどの仮想通貨は販売所から買うと結構な手数料を取られます。

でも取引をするだけならば手数料無料の所が多いです。(販売所と取引所は違います)

取引手数料無料の所は現在、

* GMOコイン
* BitTrade
* DMM Bitcoin
* QUOINEX
* BITPOINT
* BTCBOX

調べればもっとあるかも知れませんが、取引したいのであれば必ずこの「取引手数料」、そして「販売手数料」は確認するべきです。(先述した通り、取引と販売は違います)

ここはもっと大切です。法定通貨に戻す時の手数料、そして仮想通貨で何かを買う時の手数料とかも見ておいたほうがいいです。ビットコインは結構高いのです。

(2月現在、ビットコインの取引量が下がったので手数料もかなり下がりました。つまり流通量が多くなれば手数料も上がり、流通量が下がれば手数料も下がるという、今の取引所のシステムでは仕方が無い状況です)

仮想通貨取引所比較はこちら

そして残念なことにこの自動売買ツールでの現物取引はbitFlyerでの取引となるので手数料が0.01~0.15%は取られます。(動画では何故かコインチェックになっていましたが、きっとコインチェック騒動の前に作ったものだと思います)

※bitFlyerは最初に不正出金による損失被害保証を開始しています。詳しくはこちら

コインチェックもbitFlyerも取引量が非常に多いので10秒前の価格でも購入可能なのだと思います。でも取引手数料無料の所で出来ると良いですよね?販売者に聞いてみると良いかもしれません。

それと仮想通貨での利益は累進課税(雑所得)となりますから、稼げば稼ぐほど税金に持って行かれます。株式、先物、FX等は分離課税制度に入ります。それは幾ら稼いでも税金は20%だけです。それはお気をつけ下さいね。

またビットコインFXというのも存在しますが、それは1秒前の価格でも売買することは不可能ですからお間違えないようにお願いします。

こういうような抜け穴を狙った手法だけでなく、普通にアービトラージ取引も可能だから面白い市場だと思います。株式やFXだと、証券会社が相当高速なコンピュータを使った取引を使って取引をしていますから個人ではまず不可能な取引なのですが、一般個人投資家でも仮想通貨でのアービトラージ取引で儲けている方もいます。

取引所が世界中に多く存在しているということも所以であります。取引所によっては同じ時間でも値段がかなり違ったりします。それを狙って自分でシステムを作って稼いでいるという事です。

確かに面白そうだと思いますが、もしこのMAGICBIT Fを購入するのならば自己責任でお願いします。「私」はオススメしません。(笑)

何かご興味がある稼ぎ方、詐欺商材の情報、ご意見ご要望などネットビジネス関係ならば何でも受け付けていますのでこちらに連絡下さい。

earningcredits39gmail.com (★を@マークに替えて下さい。迷惑メール対策です)

これからも詐欺的情報商材を叩いていきますので応援よろしくお願いします!!

これもポチッとよろしくね!!

情報商材ランキング

FC2 ブログランキング
みんなのお金儲けアンテナ[ブログランキング]
BlogPeople
ブログ王ランキングに参加中!

成功するのは欲望を先送りした人!!

(出典元:お金持ちの法則

目先の欲望に負けないように。今は辛いかもしれませんが将来の価値に目を向けましょう。

今日もご拝読有難うございました!!

それではまた!ごきげんよう!!

GOOD LUCK FOR YOU!!

スポンサーリンク

ICOクラブ 酒井公坊 株式会社バリューブレイン 小野達也の評判

 

こんにちは!お元気ですか?

 

仮想通貨、遂にバブル終了な感じがします。

 

でもこれは中国や韓国の規制と言われていますが、

 

ほぼ韓国と言って間違いないでしょう。

 

しかしながらその規制もマネーロンダリングの阻止という目的のためななので、実際には仮想通貨の取引を国で停止するということでは無いようです。まだこの先どの様になっていくかは皆目分かりません。

 

中国は前々から規制すると何度も言っている割にはマイニングも止めていないし、動きはまだ活発なようです。

 

まだまだ目が離せないですけど、一度はバブル終了!になると私は予測しています。

 

あしからず。

 

それよりも注目株はメルカリのIPOの方ですね。メルカリのIPOは超オススメです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

本日の商材はこれです!!

 

 

商材名 : ICOクラブ
販売元 : 株式会社バリューブレイン
運営責任者 : 小野達也
電話番号 : 03-3524-7152
メールアドレス : info@value-brain.com
住所 : 東京都渋谷区神南1-8-18 クオリア神南フラッツ804号
URL : http://icowp.club/ico/icoclub/

 

infotopから発売されています、期間限定のICO関連の情報交換が出来て仮想通貨を美味しく稼げると謳っている集まりに有料で参加できるという商材です。

 

もうこの時期で仮想通貨について調べている方ならご存知の通り、仮想通貨バブルはもう崩壊の様相になっています。未だに仮想通貨で儲けようなどと考えてもらわないように、仮想通貨やICOについて説明しながら、このICOクラブについて述べていきたいと思います。

 

 

 

 

仮想通貨とは?

 

バーチャルコミュニティー、つまりインターネット上で使われる新しい形の電子マネーの事を指します。

 

普通、お金というのは国家が価値を保証してくれるのであのような紙、もしくは鉄で作られたお金がというものが相応の価値があるものとして売買に利用できるようになっているのですが、仮想通貨はデジタルマネーで基本的に国家や中央銀行、公権力が発行したものとは全く関係なく、利用者の信用のみが仮想通貨の価値を決定するものなのです。

 

ブロックチェーン

 

この仮想通貨を支えている仕組みですね。管理システムです。

 

簡単に言うと「仮想通貨の取引履歴」です。

 

このシステムは凄すぎて私もあまりまだ詳しく理解できていないのですが、ビットコインを利用しているすべての人のビットコインの取引履歴を全員が共有できるようなシステムになっているのです。

 

簡単に言うとブロックチェーンという技術を使った暗号データのやり取りが仮想通貨の世界と思えば分かりやすいです。

 

今現在の仮想通貨の種類

 

仮想通貨は通貨タイプ資産タイプがあります。

 

ビットコインという一番最初に発明され発行された仮想通貨があり、ビットコイン以外の仮想通貨の事をアルトコインと総称します。例えばイーサリアムとかがそうです。これらは通貨タイプで、マイニング可能で発行上限が存在します。

 

それ以外の仮想通貨はトークンと呼ばれ、資産タイプのもので誰でも幾らでも発行出来るもので、マイニングは不可能です。実はアルトコインのリップルなどはこのタイプに分類されます。

 

※トークンとはビットコインやアルトコインなどの仮想通貨そのものとは違います。

 

ICOで発行されるトークンを購入すると、その事業者の開発するサービスの利用権などのインセンティブも受けることが出来ますが、インセンティブの内容は個々の事業者によって違いますから必ず確認しましょう。

 

トークン自体は事業者が勝手に作った仮想通貨なので、そのトークンで購入できるのは通貨タイプの仮想通貨のみになります。しかし仮想通貨取引所で売買されているトークンは法定通貨での売買は可能です。

 

 

仮想通貨の信用を支えているのは?

 

「金」と同じように考えればわかりやすいと思います。

 

金は埋蔵量が限られていますよね。その昔は金が貨幣だった時代があるくらいでした。その埋蔵量に限りがあるからある程度の価値は保たれていました。

 

ビットコインなどの通貨タイプの仮想通貨は発案者達が価値を守るために流通量を制限する仕組みを作っているのです。

 

そして全員が取引履歴(ブロックチェーン)を共有、監視することで価値を保つことができるのです。

 

仮想通貨の是非

 

仮想通貨と銀行が発行している貨幣が交換できる、それも価格が変動するという時点で現在は非常に投機的なものとなっています。

 

元々は発案者達が世界の銀行が発行している銀行券で海外送金や売買での不便さから「こんなのがあったらいいなぁ〜」と作り上げたバーチャル貨幣システムです。

 

但しこれは私個人の考えなのですが、インターネット上だけで利用できるのであれば素晴らしいものだったのですが、既存の貨幣と交換ができるという事で非常に危ういものになってしまったと思っています。

 

国家や中央銀行からの縛りがなくなって、世界中の人間全員が等しく平等に使える貨幣としての仮想通貨ならばそれは凄い事だと思っているのですが、やはり既存の貨幣との繋がりが出来ると投機的な取引ばかりが横行するようになっていきましたね。

 

ICOとは?

 

イニシャル・コイン・オファリングと言いまして、仮想通貨の技術を使って資金調達するということです。株式での新規公開株(IPO)の仮想通貨版と思って下さい。

 

一般公開前にデジタル権利証の「トークン」を新規事業者が発行して一般投資家が他の既存の仮想通貨、もしくは法定通貨でトークンを購入するという図式です。

 

そのトークンが仮想通貨取引所で扱われ始めて、その通貨が上がれば利益を得られます。

 

イニシャル・コイン・オファリング(ICO)は今、本当に世界中で利用されていて非常に活発になっています。

 

なぜなら事業者にとってもICOは非常にハードルが低く、半年程度で資金調達が出来るのは魅力です。国によっては禁止されているところもありますが、株式に比べたら非常に規制が緩いのが現実です。

 

IPOは年単位の時間がかかります。また例えば銀行から融資して貰う場合は過去の実績が重視されます。新規に会社や企業を立ち上げる者にとってはIPOは使いにくい面がありました。

 

しかしIPOでの株券取得はこのブログではオススメしている数少ない金融商品です。ほぼ100%儲けられますからね。だから仮想通貨を利用したICOが大変活発になっていてもおかしくないと思います。

 

イニシャル・コイン・オファリング(ICO)での資金調達額は非常に増えています。例えばこちらのリンクをご覧になればわかりますが、この取引所だけでこれだけのICOが存在します。

 

https://www.coingecko.com/ico?locale=ja

 

米仮想通貨情報サイト運営のコインデスクによると、2017年11月の調達額は前年同月比37倍の7億4000万ドル(約820億円)でした。

 

ICOの実施には原則として仮想通貨交換業に登録した業者が関わります。しかしながら株式のように充実した情報公開のルールがありません。非常に注意しないといけない所です。あなたの選んだICOがどれだけ信頼ができるかという指標が少なすぎます。

 

仮想通貨は価格の変動がとても激しく、投資としてはかなりハイリスク・ハイリターンです。だからといってICOに手を出しても果たして儲けられるかというのは今は非常に疑問です。それでなくても最近は仮想通貨バブルがはじけている様相になっています。

 

それに海外では本当にICOが乱立している状態ですが、実際に稼働している事業は1割に満たないという話です。ICOで資金調達してどうなるかというと、事業者がそのお金で海外旅行に行ってしまったという話は詐欺ICOでは良く聞く話だそうです。

 

こちらではアクティブな活動をしているプロジェクトの紹介をしていますが、こういう事業者はICOの1割にも満たないようです。

ICO後、アクティブなトークンは10分の1以下

 

アメリカの証券取引委員会はトークンを有価証券とみなし、登録をしないと売ることが出来ないようになっています。こういう規制がアメリカにはありますが、基本的にはICOには規制がありません。ハードルが低いのでいろんな詐欺?事業者がICOトークンを発行して、得た資金で動かすべきプロジェクト自体は全く動いていないケースが多いです。

 

だから詐欺仮想通貨は非常に多いです。MLM(ネットワークビジネス)にも非常に相性が良いので仮想通貨やICOには詐欺目的で利用している事業者が多数存在しています。

 

それでも真面目にプロジェクトを動かすために、資金調達するためにICOを利用している事業者もいます。見極めが非常に難しい状況にあります。

 

ICOクラブとは?

 

http://icowp.club/ico/icoclub/

 

ズバリそのもの、仮想通貨の情報交換で美味しい仮想通貨トレードをやりましょう!というコミュニティです。

 

言葉としてはどちらでもいいのですが、仮想通貨とは実態のない暗号データです。その実態のない暗号データのやり取りが取引となるので暗号通貨とも言われているのです。

 

このICOクラブは暗号通貨投資家コミュニティとして、多くの仮想通貨の情報を共有して稼ごうとう集まりです。

 

でも主催者の情報ばかりなのかも知れません。仮想通貨の情報に詳しい人はこういう所に集まるのかな?と思っています。

 

ICOクラブを主催している人が酒井公坊氏

 

スピリチュアルコンサルタント」だそうです。

 

参ったなぁ〜というのが私の感想です。江原啓之の真似もいいところです。似ているからってそうしたのでしょう。確かにインパクトはありますが。

 

「世界レベルのインサイダー情報とコネと数の力により、誰でも簡単に仮想通貨投資で成功できる最高のコミュニティが日本に誕生しました!!」

 

株取引なら間違いなく犯罪ですけど、今の仮想通貨ならば何でもありの世界なのでしょう。だから有象無象の輩が集まってきたのでしょうね。

 

落合陽一氏が日本人に「拝金主義者」が多すぎると言うのが良くわかります。

 

ICOクラブのランディングページには長時間に渡るインタビュー動画が3本も載せています。こちらがその3本です。

 

 

この中でよく表示されている「PPS」というのはこちらのことです。

http://kasou-pps.com/lp1/

http://nagatadiet.net/kasoupps/lp2/

 

ここでメールアドレスを登録すると「人気仮想通貨で稼ぐマル秘裏情報」を無料映像で見ることが出来るということ。

 

その一部が上の3つの動画です。

 

そこからICOクラブに勧誘していくという手法という、情報商材にはありがちな流れではあります。

 

但し、PPSは無料です。そしてICOクラブは49800円で参加できます。

 

ICOクラブとは?

 

動画作成や広告費、オプトインアフィリエイトの報酬、セミナーの会場費、その他かなり経費がかかっているはずなのにPPSのランディングページには

 

 

このようにあなたから一円も貰いません!という。そしてICOクラブの参加費は確かに高額コースとは言えない、ある意味微妙に手が届きやすい金額ですよね。

 

果たして・・・・・・・・・

 

ICOクラブはオススメでしょうか?

 

 

オススメなんて絶対にできません!!!

 

 

※管理人からのオススメは現在この2つのみです

募集は数名のみです!!
貴方を絶対に稼がせます!!

 

 

仮想通貨取引での大前提を申し上げます。

 

まずはセミナーで募るような仮想通貨は手を出すのを止めましょう。

 

通貨をセミナーで買うように進める国はありますか?ないですよね。考えれば普通のことです。

 

通貨を買って下さい!!と勧誘するセミナーは詐欺と思って構いません。

 

そういう話には乗らないことです。

 

また新規事業のために資金調達するためにトークンを一般投資家に買ってもらいたい、そういうセミナーはあると思います。但し、その場合はトークンなので仮想通貨勧誘とはまた違います。その違いは覚えておきましょう。

 

金融庁・財務局に登録されていない仮想通貨の勧誘活動は法律で禁止されているので、仮想通貨の勧誘に出会ったらそこは絶対に確認するべきです。

 

そして、仮想通貨の価値は全くと行っていいほど保証されません。

 

法定通貨の価値は国が保証しているからお金として流通できるのです。仮想通貨には何のバックアップもありません。つまりいつ流通が止まっても誰も保証してくれません。

 

そして最近までの仮想通貨バブルはオランダのチューリップ・バブルと全く同じ様相をしています。

 

1月に入ってからはババ抜きが始まった感が否めないです。

 

もし仮想通貨に興味があるのであれば、バブルが落ち着いてからじっくり調べてみるのをオススメします。

 

仮想通貨のシステムはこれから先、さらに進化をしていって凄いことになる事は確かです。それは凄まじく発達する可能性大です。それは認めざる負えません。

 

しかし今回のバブルは噂が噂を呼んで大きくなっただけとしか思えません。

 

だから今は仮想通貨を外から眺めているのがベストです。その間に仮想通貨の詳しいことを勉強しておきましょう。

 

情報弱者に絶対になってはいけません!

 

コツコツと稼ぐ事です。それが一番ベストです。

 

拝金主義から目を覚ましましょう!!

 

 

ではICOクラブはどうでしょうかね?私は最終的にはICOクラブに参加すると、酒井公坊氏が薦める新しい仮想通貨のためのトークンを買わされるという可能性だけだと思います。つまり酒井氏の関わっている事業の資金調達です。

 

ICOクラブの概要

 

というのはもう普通にメジャーな仮想通貨を持っていても稼げません。だからICOで稼ぐしか方法しかないのです。

 

だから、

「一円も受け取らず」「高額塾の販売もせず」「ネットワークビジネスへの勧誘なども一切しません」と謳っているのだと思います。

 

私も過去にこのブログで泉某氏のノアコインについて注意喚起しました。ノアコインもそうですが「資金を集めるだけ集めて逃げる」というICO詐欺が横行しているのが世界での仮想通貨の現状です。(前述の、トークンでの資金調達されたアクティブな事業者、またはプロジェクトは全体の一割以下)

 

泉忠司PRESENTS 6000兆円プロジェクト NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC. Marlo S. Padua 泉忠司 土屋ひろし の評判

 

 

本当にメジャーな仮想通貨以外はわからないもの、セミナーとかで薦められる仮想通貨には絶対に手を付けないことです。

 

今現在から見た仮想通貨の将来性、そしてICOは?

 

仮想通貨の技術の発展はこれからも日進月歩です。この技術は大変重要なものだと認識されていますから仮想通貨自体が無くなるとは思っていません。

 

今はとにかく詐欺コインが多すぎるのです。一度暴落して詐欺コインが淘汰されれば仮想通貨の未来は明るいと思っています。

 

ICOも事業者の資金調達としては素晴らしい仕組みだと思っています。但し、規制が余りにも緩すぎるので今の仮想通貨市場は1929年前の「暗黒の木曜日」の大暴落前のアメリカの株式市場にとても良く似ていると思っています。

 

その当時のアメリカの株式市場の運営はお粗末なもので、IPOの約50%はペーパーカンパニーだったそうです。

 

その暴落から勉強して今の米国の証券法が出来上がりました。その証券法を参考に日本の証券法は出来上がりましたが、その後ルールは緩められてきました。その方が市場が活性化するであろうと思われたからです。

 

緩いほうが確かに市場は活性化すると思いますが、そこにつけこんでくる有象無象の輩が出てくるのも事実です。そこは諸刃の剣ですよね。

 

詐欺コインが自然と淘汰されて、上手く規制が成されればこの仮想通貨の市場は、誰でも安心して投資ができる明るい市場になるでしょう。

 

貯蓄でなく、投資がこれからの世界では大切な事なのです!拝金主義から目を覚ましましょう!

 

 

 

 

※何かご興味がある稼ぎ方、詐欺商材の情報、ご意見ご要望などネットビジネス関係ならば何でも受け付けていますのでこちらに連絡下さい。

earningcredits39★gmail.com (★を@マークに替えて下さい。迷惑メール対策です)

 

 

これからも詐欺的情報商材を叩いていきますので応援よろしくお願いします!!

 

これもポチッとよろしくね!!

情報商材ランキング

FC2 ブログランキング
みんなのお金儲けアンテナ[ブログランキング]
BlogPeople
ブログ王ランキングに参加中!

 

 

成功するのは欲望を先送りした人!!

(出典元:お金持ちの法則

 

目先の欲望に負けないように。今は辛いかもしれませんが将来の価値に目を向けましょう。

 

今日もご拝読有難うございました!!

 

それではまた!ごきげんよう!!

GOOD LUCK FOR YOU!!

スポンサーリンク

 

 

ビットコインAI自動ツール『Goemon The Cyber』合同会社ライフアーツ 稲田公美 の評判

 

こんばんは!お元気ですか?

 

師走ですね。

 

私にはそんな暇はないのですが。(笑)

 

休日にもずーっと動いている仮想通貨市場。

 

多分、正月も取引されているのでしょうね。

 

あまりの値動きの激しさにチャートを見入ってしまいます。

 

「世の中の金の亡者が!!」ってね。(笑)

 

 

スポンサーリンク

 

 

本日の商材はこれです!!

 

商材名 : ビットコインAI自動ツール『Goemon The Cyber』
販売元 : 合同会社ライフアーツ
運営統括責任者 : 稲田公美
メールアドレス : llc.lifearts@gmail.com
住所 : 大分県速見郡日出町大字豊岡5740番地16
URL : http://bestitem.biz/infotop/

 

infotopから発売されています、ビットコイン自動売買ツールです。

 

トレンドですね、ビットコイン。2017年後半の価格上昇には驚きましたね。9月くらいでバブルが弾けると思いましたが。

 

さて、これがオススメかどうかと言えば私は懐疑的です。観ていきましょう。

 

 

 

 

 

仮想通貨とは?

 

バーチャルコミュニティー、つまりインターネット上で使われる新しい形の電子マネーの事を指します。

 

普通、お金というのは国家が価値を保証してくれるのであのような紙、もしくは鉄で作られたお金がというものが相応の価値があるものとして売買に利用できるようになっているのですが、仮想通貨はデジタルマネーで基本的に国家や中央銀行、公権力が発行したものとは全く関係なく、利用者の信用のみが仮想通貨の価値を決定するものなのです。

 

ブロックチェーン

 

この仮想通貨を支えている仕組みですね。管理システムです。

 

簡単に言うと「仮想通貨の取引履歴」です。

 

このシステムは凄すぎて私もあまりまだ詳しく理解できていないのですが、ビットコインを利用しているすべての人のビットコインの取引履歴を全員が共有できるようなシステムになっているのです。

 

わかります?

 

仮想通貨の信用を支えているのは?

 

「金」と同じように考えればわかりやすいと思います。

 

金は埋蔵量が限られていますよね。その昔は金が貨幣だった時代があるくらいでした。その埋蔵量に限りがあるからある程度の価値は保たれていました。

 

仮想通貨、代表的なものだとビットコインですね、発案者達が価値を守るために流通量を制限する仕組みを作っているのです。

 

そして全員が取引履歴(ブロックチェーン)を共有、監視することで価値を保つことができるのです。

 

仮想通貨の是非

 

仮想通貨と銀行が発行している貨幣が交換できる、それも価格が変動するという時点で現在は非常に投機的なものとなっています。

 

元々は発案者達が世界の銀行が発行している銀行券で海外送金や売買での不便さから「こんなのがあったらいいなぁ〜」と作り上げたバーチャル貨幣システムです。

 

但しこれは私個人の考えなのですが、インターネット上だけで利用できるのであれば素晴らしいものだったのですが、既存の貨幣と交換ができるという事で非常に危ういものになってしまったと思っています。

 

国家や中央銀行からの縛りがなくなって、世界中の人間全員が等しく平等に使える貨幣としての仮想通貨ならばそれは凄い事だと思っているのですが、やはり既存の貨幣との繋がりが出来ると投機的な取引ばかりが横行するようになっていきましたね。

 

最近の仮想通貨事情 (2017年12月)

 

12月11日のCBOE(シカゴオプション取引所)
12月18日にCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)

 

この2つの取引所がビットコイン先物を始めました。

 

これで機関投資家がどう入ってくるかが注目されます。

 

これである程度の指標が出来るのでビットコインそのもののトレードはやりやすくなると思います。今までが本当に五里霧中のような上げ下げを繰り返してきたビットコイン相場です。これからはもっと落ち着くのではないのでしょうか?

 

来年は

Cantor Fitzgerald & Co. ビットコイン先物
NASDAQ証券取引所 ビットコイン先物
Cantor Exchange ビットコインバイナリーオプション

 

などが参入してきます。良い意味でも悪い意味でも複雑化していくので相場を注視していかないといけません。

 

機関投資家の動きに注意!!

 

私が何故機関投資家がどう入って来るか注目しないと行けないかというと、まだ仮想通貨市場がそこまで大きくないからです。ビットコインでさえ10~11月は世界の取引の4割を日本円建てが占めたのです。あの米ドルを超えて日本円が世界最大のシェアを握ったのですから。

 

例えば、海外の機関投資家が本気で先物で空売りするとするとします。

 

一瞬で大暴落すること間違いありません!!(汗)

 

・・・・・・でもそんなことないですから。(笑)

 

そんなことしたら仮想通貨自体が終了してしまいます。そんなシステム誰も信用しなくなりますからね。

 

でもそれくらい動かせる力がある可能性があるので気をつけましょう!!ということです。

 

機関投資家はお金を儲けたいのです!!彼らの動きに乗るのが手っ取り早いですよ。

 

じゃぁ、どうすればいいって? それは私に聞かないで下さい。他の情報源からお願いします。(笑)

 

ビットコインAI自動ツール『Goemon The Cyber』について

 

仮想通貨は先物取引市場が出来るまではファンダメンタルズによる公正価値算定方法が確立されてなかったために、受給のバランスのみで価格が決まる状況の中で果たしてどうやって利益をあげていけばよいのか分かりませんでした。

 

実際には今年後半の上げ幅は半端ではありませんでしたね。そして10月から11月の総取引の4割が日本円建ての取引。つまりここにきて日本人が相当売買しているという事です。

 

最近は値崩れして悲鳴を上げた人が数多く居ることは想像に難くないです。リスクをどう取ればいいのかすらわからない人々が食いついてきましたから、世の中のトレンドだけで買っている輩には利確の方法すすらわからないでしょう。

 

ただ先物取引市場が出来て落ち着いてくると同時に、戦略を練りやすくなってきたというのも事実です。

 

でもそれはこれからの話であって、このビットコインAI自動ツール『Goemon The Cyber』が使えるかどうかという話ではありません。

 

この自動ツールはbitFlyerという取引所で扱っているLightningFXというビットコインFXのシステムに繋げて取引を行います。

 

LightningFXとは実際の為替取引とはまた違い、でも先物とも違うbitFlyer独自の証拠金取引であります。

 

所謂、FXや225先物の差金決済取引と全く同じことがビットコインの値動きで出来るということです。もちろん空売りも出来ますので下落相場でも利益を取ることは可能です。

 

それを自動売買ツールで、それもAIを組み込んでのツールなので製作者の合同会社ライフアーツは鼻高々ではなのでしょうか。

 

それも自分のPCに載せて動かすのでなくクラウド上で動くので御自身のPCのスペックやネット環境に左右されずに自動で取引できます。そして自分のPCやスマホからいつでも状況は見れるということです。

 

ビットコインAI自動ツール『Goemon The Cyber』はオススメでしょうか?

 

個人で始めるのならば、まずオススメできません。

 

 

※管理人からのオススメは現在この2つのみです

募集は数名のみです!!
貴方を絶対に稼がせます!!

 

 

大体販売価格が高すぎます。法人に売るような価格ですよね。infotopで売るような価格ではありません。

 

それだけではありません!!

 

ビットコインはここ最近、この1年のボラリティーが高くなったので持っているだけで稼げました。それをあたかもこのGoemon The Cyberが何年もかけて稼いできたというような話になっていますよね、ランディングページには。

http://bestitem.biz/infotop/

 

「わずか一ヶ月で240万円の利益を叩き出した!!」なんてよく言えますね。いつの取引かも証明していないし、ここ数ヶ月はただ単に値動きが大きい時期だったからとれた金額でしょう!!

 

FAQに書かれています

 

Q.なぜ価格が高いのですか?もっと安く販売してほしいです!

A.今回のAI自動ツールは膨大なデータからバックテストや、フォワードテストを繰り返した結果、月利30%(相場によっては月利50%を超えることもあります)、日利益1%を出していけるツールとなっており、自信をもってこの価格でリリースしております。

 

まだ数年しか経っていないビットコインに膨大なデータも何もバックテストも何もないだろう。(笑)それも「2017年~BitCoinのデイトレードにハマり、相場研究及び解析した結果からY氏独自のオリジナルロジックを発明」って、結局は今年に入ってから値動きが大きくなってきたから注目したのでしょう?それまでの動きなんて大したものではないからどう調べてもそんなに利益なんて出るわけないのです。

 

私も最近はよく仮想通貨の値動きはチェックしていますがとにかく最近は値動きが激しすぎなのでエントリーなんて怖くてできません。チャートから目が離せなくなりますよ。

 

もし仮にこの自動売買ツールを始めたとしても、チャートから目が離すことも出来ず、昼夜問わず一喜一憂して最後には波にも乗れず資産を減らして終わるだけというのが目に見えて想像できます。事細かなロジックがわからない以上この自動ツールのユーザーになれば間違いなく負けこんで終わるだけの可能性大です。

 

それがすぐに来るのか何年か後に来るかは分かりませんが。(笑)

 

確かにロジックがわからない以上、私もこの自動ツールに対して物を申す筋合いは無いのかも知れません。しかしながら世の中に存在しているいろいろな自動ツールについては自分も使ったことがあるし、知人からの話も総合するとやはり自動ツールは全く当てにならないという事でした。

 

しかしながら、世の中の証券会社は、特にウォールストリート辺りでは当たり前のようにAI機能搭載の売買システムで動いています。これからはAI同士の戦いと言ってもおかしくありません。

 

でも一般投資家、個人投資家が購入して使える代物はまず存在しないと思って下さい。証券会社は個人投資家にそんな美味しいシステム売りませんから。(笑)

 

また、今までに自動売買で儲けているという人は聞いたことがありません。ましてやinfotopの商材として売り出しているのです。それも60万円近くのものを。眉唾ものとしか思えないのです。

 

まだビットコインなどの仮想通貨は始まったばかりです。というかバブルはもう終わったかも?という状態の中でスタートするのは火中の栗を拾いに行くのと同じだと思っています。

 

私のブログを読んでいる方の殆どは一度大きく失敗して商材探している所で私のブログを見つけている方が非常に多いです。そしてあなたもその一人かも知れません。もうこのブログを読んでいる時点であなたは情報弱者と思って良いですから気をつけましょう。出来ればすぐに情報商材探しからは離れるべきです。

 

それでもビットコインなどの仮想通貨を売買したいのであるならば自己責任でお願いします。あえてオススメとして言うならば、自分でロジックを考えて自分自身のシステムで感情移入せずに淡々とトレードすることです。それが出来ればそこそこ稼げると思いますよ。

 

 

 

 

※何かご興味がある稼ぎ方、詐欺商材の情報、ご意見ご要望などネットビジネス関係ならば何でも受け付けていますのでこちらに連絡下さい。

earningcredits39★gmail.com (★を@マークに替えて下さい。迷惑メール対策です)

 

 

これからも詐欺的情報商材を叩いていきますので応援よろしくお願いします!!

 

これもポチッとよろしくね!!

情報商材ランキング

FC2 ブログランキング
みんなのお金儲けアンテナ[ブログランキング]
BlogPeople
ブログ王ランキングに参加中!

 

 

成功するのは欲望を先送りした人!!

(出典元:お金持ちの法則

 

目先の欲望に負けないように。今は辛いかもしれませんが将来の価値に目を向けましょう。

 

今日もご拝読有難うございました!!

 

それではまた!ごきげんよう!!

GOOD LUCK FOR YOU!!

スポンサーリンク

 

 

ビットアカデミー 株式会社FintechCommunity 上田吉孝の評判

 

こんばんは!お元気ですか?

 

ビットコインの最新情報です!!

 

  1. 中国の大手取引所BTCチャイナが今月30日までに全ての取引を停止する。ビットコイン全体の取引の10%を扱う世界第三位の取引所の閉鎖情報で価格が20%から30%に下落。
  2. JPモルガンのダイモンCEOがニューヨークでの投資家会議の席でビットコインは詐欺であり崩壊すると発言。一時的には4%程下落した。

 

ダイモンCEOの発言はポジショントークだとして、中国が本格的に仮想通貨の規制に乗り出してきたのは大きいですね。中国は意外と仮想通貨大国ではないですが、資産の逃げ道としてかなり流用されていましたからね。

 

バブル崩壊の様相をしていますね。

 

スポンサーリンク

 

 

本日の商材はこれです!!

 

商材名 : ビットアカデミー
販売元 : 株式会社FintechCommunity
運営責任者 : 上田吉孝
電話番号 : 092-518-3471
メールアドレス : support@bitacademy.email
住所 : 福岡県福岡市中央区天神2‐3-10天神パインクレスト716
URL : http://bitacademy.biz/info/

 

infotopで発売されています、仮想通貨を勉強するためのオンラインスクールへの入会案内です。

 

前にも何件か仮想通貨は取り扱っていますが、基本的に仮想通貨はオススメしません。それについてご説明します。

 

 

 

仮想通貨とは?

 

バーチャルコミュニティー、つまりインターネット上で使われる新しい形の電子マネーの事を指します。

 

普通、お金というのは国家が価値を保証してくれるのであのような紙、もしくは鉄で作られたお金がというものが相応の価値があるものとして売買に利用できるようになっているのですが、仮想通貨はデジタルマネーで基本的に国家や中央銀行、公権力が発行したものとは全く関係なく、利用者の信用のみが仮想通貨の価値を決定するものなのです。

 

ブロックチェーン

 

この仮想通貨を支えている仕組みですね。管理システムです。

 

簡単に言うと「仮想通貨の取引履歴」です。

 

このシステムは凄すぎて私もあまりまだ詳しく理解できていないのですが、ビットコインを利用しているすべての人のビットコインの取引履歴を全員が共有できるようなシステムになっているのです。

 

わかります?

 

仮想通貨の信用を支えているのは?

 

「金」と同じように考えればわかりやすいと思います。

 

金は埋蔵量が限られていますよね。その昔は金が貨幣だった時代があるくらいでした。その埋蔵量に限りがあるからある程度の価値は保たれていました

 

仮想通貨、代表的なものだとビットコインですね、発案者達が価値を守るために流通量を制限する仕組みを作っているのです。

 

そして全員が取引履歴(ブロックチェーン)を共有、監視することで価値を保つことができるのです。

 

仮想通貨の是非

 

仮想通貨と銀行が発行している貨幣が交換できる、それも価格が変動するという時点で現在は非常に投機的なものとなっています。

 

元々は発案者達が世界の銀行が発行している銀行券で海外送金や売買での不便さから「こんなのがあったらいいなぁ〜」と作り上げたバーチャル貨幣システムです。

 

但しこれは私個人の考えなのですが、インターネット上だけで利用できるのであれば素晴らしいものだったのですが、既存の貨幣と交換ができるという事で非常に危ういものになってしまったと思っています。

 

国家や中央銀行からの縛りがなくなって、世界中の人間全員が等しく平等に使える貨幣としての仮想通貨ならばそれは凄い事だと思っているのですが、やはり既存の貨幣との繋がりが出来ると投機的な取引ばかりが横行するようになっていきましたね。

 

ビットアカデミーについて

 

アカデミーとは言うものの、基本的に売買するためのシグナル配信が主な内容です。

 

サンライズ」(6種類の通貨の両替のタイミングを配信)
ビットラージ」(毎日配信/取引所間の仮想通貨の価格差をメール配信)

というシステムがあります。

 

そしてインターネット上の仮想通貨を発行して資金を集める「ICO」というシステムが存在します。このブログでも扱ったこの泉氏のプロジェクトもその一例です。

 

 

泉忠司PRESENTS 6000兆円プロジェクト NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC. Marlo S. Padua 泉忠司 土屋ひろし の評判

 

 

そういうICO関連の情報を不定期で配信。またプレミア限定情報(不定期で海外の最新情報)があるかないかでコースが分かれます。

 

プレミア限定情報があるのがプレミアムコース。プレミア限定情報がないものがライトコース

 

でも何故かそれだけで倍くらい値段が違うのですね。

 

でも確かにライトコースは半年だけですが、プレミアムコースは1年ですね。

 

ビットアカデミーはオススメでしょうか?

 

オススメしません!!

 

 

※管理人からのオススメは現在この2つのみです

募集は数名のみです!!
貴方を絶対に稼がせます!!

 

 

 

まずビットコインなどの仮想通貨は既存の通貨のように国の裏付けがないので不安定なのは否めません。最近は投資家がビットコインなどにお金が流れている状態でかなり値動きが荒いです。

 

またビットコイン大国であった中国が規制に乗り出しています。暴落の原因にもなりました。

 

但し、仮想通貨に未来がないわけではありません。私は仮想通貨のシステムは素晴らしいものだと思っています。非常に便利なシステムだと思いますし、素晴らしい発明であります。

 

ただ仮想通貨と既存の通貨がつながってしまったのが残念なところです。国家の思惑から離れて自由に取引できるというのは素晴らしいと思うのですが、貨幣の利権構造的には仮想通貨は完全な敵ですからダイモンCEOの発言に繋がるのですね。

 

これは仮想通貨の話であって、ビットアカデミーの話ではありませんね。(笑)

 

ビットアカデミーはアカデミーと謳っていながら配信サービスです。それも結局のところは自己責任で取引しないといけないわけですから私は全くオススメしません。

 

値動きの理由が明確にならないようなものは取引しないほうがお得です。(笑)

 

株やFXはまだいろんな理由でこうなったと理解出来る部分がありますからね。

 

自分で値動きの理由が調べられないようなビジネスモデルに、信頼できるかわからないビットアカデミーから配信される内容で取引できますか?

 

それにICOでの新規仮想通貨が今たくさん出てきています。

 

※ICO(Initial Coin Offering)とは企業またはプロジェクトが自らのトークンやコイン(従来の金融市場における株式のようなもの)を発行し資金調達を行うプロセスであります。

 

その中にはMLM(マルチ商法)が扱う通貨が沢山あります。

 

先程例として出した、泉氏のような仮想通貨も出てくるのです。

 

ICOなどで好き勝手にやられて資金を奪い取ったらさっさと逃げてしまう・・・というケースはいくつもあるのです。ICOは資金集めですからね、結局の所は。市場に出てしまったら後は市場の原理で値動きするだけですから、仮想通貨を発行したもの勝ちです。

 

この仮想通貨系の取引で稼ぐという方法としては全くオススメしません

 

中国人の資産家のように、資産逃避として使うには良いでしょうが、稼ぐという目的で仮想通貨を使うのは止めたほうが得策です。

 

もっとリスクが少なくて稼げる方法はありますから。絶対に手を出さないように!!

 

最後に

 

松本敏彦(太陽)氏の主催している商材です。この人、ヤバイです。そのうち取り上げますがググって見ましたので参考までに。こんな人の商材を買う人は馬鹿としか言いようがないですね。

 

松本敏彦 仮想通貨

 

 

 

 

※何かご興味がある稼ぎ方、詐欺商材の情報、ご意見ご要望などネットビジネス関係ならば何でも受け付けていますのでこちらに連絡下さい。

earningcredits39★gmail.com (★を@マークに替えて下さい。迷惑メール対策です)

 

 

これからも詐欺的情報商材を叩いていきますので応援よろしくお願いします!!

 

これもポチッとよろしくね!!

情報商材ランキング

FC2 ブログランキング

 

 

成功するのは欲望を先送りした人!!

(出典元:お金持ちの法則

 

目先の欲望に負けないように。今は辛いかもしれませんが将来の価値に目を向けましょう。

 

今日もご拝読有難うございました!!

 

それではまた!ごきげんよう!!

GOOD LUCK FOR YOU!!

スポンサーリンク

 

 

秘密のたった2000円を億単位に変えるビットコインの青写真 未来革命合同会社 中玉利竜矢の評判

 

こんばんは!お元気ですか?

 

昼間は暑かったですが今日は夕方からは涼しくなりましたね。

 

一昨日が猛暑最終日だという予報です。これからもう秋に向かうのですかね?

 

あまり夏らしくない夏でしたが。

 

スポンサーリンク

 

 

本日の商材はこれです!!

 

商材名 : 秘密のたった2000円を億単位に変えるビットコインの青写真
販売元 : 未来革命合同会社 中玉利竜矢
電話番号 : 05058067474
メールアドレス : support@bitbestbuy.com
住所 : 鹿児島県鹿児島市本名町1748-23
URL : https://bitbestbuy.com/million2000/

 

しかし酷い商材を見つけてしまいました。infotopから発売されました、仮想通貨をビジネスモデルとした商材です。

 

このランディングページが読みにくい!!何だこれは!!という気分です。infotopの審査は厳しいと言われていますが本当でしょうか?

 

とにかく仮想通貨系の商材は全くオススメしません。ご説明いたしましょう。

 

 

 

 

仮想通貨とは?

 

バーチャルコミュニティー、つまりインターネット上で使われる新しい形の電子マネーの事を指します。

 

普通、お金というのは国家が価値を保証してくれるのであのような紙、もしくは鉄で作られたお金がというものが相応の価値があるものとして売買に利用できるようになっているのですが、仮想通貨はデジタルマネーで基本的に国家や中央銀行、公権力が発行したものとは全く関係なく、利用者の信用のみが仮想通貨の価値を決定するものなのです。

 

ブロックチェーン

 

この仮想通貨を支えている仕組みですね。管理システムです。

 

簡単に言うと「仮想通貨の取引履歴」です。

 

このシステムは凄すぎて私もあまりまだ詳しく理解できていないのですが、ビットコインを利用しているすべての人のビットコインの取引履歴を全員が共有できるようなシステムになっているのです。

 

わかります?

 

仮想通貨の信用を支えているのは?

 

「金」と同じように考えればわかりやすいと思います。

 

金は埋蔵量が限られていますよね。その昔は金が貨幣だった時代があるくらいでした。その埋蔵量に限りがあるからある程度の価値は保たれていました

 

仮想通貨、代表的なものだとビットコインですね、発案者達が価値を守るために流通量を制限する仕組みを作っているのです。

 

そして全員が取引履歴(ブロックチェーン)を共有、監視することで価値を保つことができるのです。

 

仮想通貨の是非

 

仮想通貨と銀行が発行している貨幣が交換できる、それも価格が変動するという時点で現在は非常に投機的なものとなっています。

 

元々は発案者達が世界の銀行が発行している銀行券で海外送金や売買での不便さから「こんなのがあったらいいなぁ〜」と作り上げたバーチャル貨幣システムです。

 

但しこれは私個人の考えなのですが、インターネット上だけで利用できるのであれば素晴らしいものだったのですが、既存の貨幣と交換ができるという事で非常に危ういものになってしまったと思っています。

 

国家や中央銀行からの縛りがなくなって、世界中の人間全員が等しく平等に使える貨幣としての仮想通貨ならばそれは凄い事だと思っているのですが、やはり既存の貨幣との繋がりが出来ると投機的な取引ばかりが横行するようになっていきましたね。

 

秘密のたった2000円を億単位に変えるビットコインの青写真について

 

酷いランディングページの一言です!!何言っているのかよくわからない。(笑)

 

簡単に言うとこれは3万円でpdf7ページの「青写真」というもの買うということです。どうでしょうか?そして仮想通貨を買って儲けましょう!!という事だけですがね。

 

仮想通貨の話で確かにこういう事がありました。

 

もう何年か前に、まだ1ビットコインが1円にもみたなかった頃にノルウェーの男性が遊び半分でビットコインを2400円分買ったそうです。

 

それから4年間くらい忘れていたのです。ある日、ニュースなどでビットコインが値上がりしたという話を聞き「そういえば俺のビットコインいくら位になったかなぁ」と確認したら

 

1800万円になっていたのです。

 

2400円が1800万円になったそうです。

 

それを現金化して家を立てたそうです。

 

という話を聞くとみんな買いたくなりますよね!!

 

多分、この「青写真」というのもそれに近い話が殆どだと思います。

 

これ買っておけば凄い儲かるよ!!という話。

 

このランディングページには「9月30日以前に手に入れて下さい」と書いてあります。

 

新しいビットコインが発売されるのでそれを買いましょう!!!という可能性が高いです。

 

それも返金保証付きです。(商材の返金保証であって、仮想通貨の返金保証ではないとは思いますが)

 

先日、このブログで「ノアコイン」を紹介しました。そこでの仮想通貨を買う前の注意事項は是非読んで頂きたい。

 

泉忠司PRESENTS 6000兆円プロジェクト NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC. Marlo S. Padua 泉忠司 土屋ひろし の評判

 

仮想通貨といえども「お金」です。

 

例えば「ドル買って下さい。ドルは儲かりますよ。ドルは高くなりますから!!」なんていう業者いますか?

 

もう一つ、仮想通貨は今世界中のMLM(ネットワークビジネス)で一番ホットな商品になっています。

 

マルチ商法に非常に相性がいいのです。

 

ねずみ講というのは商品がないものを扱う連鎖商法で違法ですが、マルチ商法は商品が存在していれば違法ではありません。

 

でもシステムは一緒ですけどね。

 

でも安い壺を高く買わされたりしていろいろ問題になった事もありましたよね。だから一般的にはマルチ商法自体、印象が悪い筈です。

 

仮想通貨はマルチ商法にはうってつけの商品なのです。商品があるようで無い。無いようで存在している。それも価値が変動する。

 

そして、今買っておけば将来凄い儲かるよ!!と連鎖商法させていくわけですね。

 

この商材はオススメですか?

 

オススメするわけ無いでしょう!!!

 

※管理人からのオススメは現在この2つのみです

募集は数名のみです!!
貴方を絶対に稼がせます!!

 

 

仮想通貨が買いたいならばシステムを熟知しないといけません。それに通貨を買う時の注意事項を先程のリンクの中で学びましょうね。

 

投機ですからリスクは高いです。株やFXと同じですから気をつけましょう!あくまでも自己責任でお願いします。

 

 

 

※何かご興味がある稼ぎ方、詐欺商材の情報、ご意見ご要望などネットビジネス関係ならば何でも受け付けていますのでこちらに連絡下さい。

earningcredits39★gmail.com (★を@マークに替えて下さい。迷惑メール対策です)

 

これからも詐欺的情報商材を叩いていきますので応援よろしくお願いします!!

 

これもポチッとよろしくね!!

情報商材ランキング

FC2 ブログランキング

 

 

成功するのは欲望を先送りした人!!

(出典元:お金持ちの法則

 

目先の欲望に負けないように。今は辛いかもしれませんが将来の価値に目を向けましょう。

 

今日もご拝読有難うございました!!

 

それではまた!ごきげんよう!!

GOOD LUCK FOR YOU!!

スポンサーリンク

 

 

泉忠司PRESENTS 6000兆円プロジェクト NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC. Marlo S. Padua 泉忠司 土屋ひろし の評判

 

こんにちは!お元気ですか?

 

秋篠宮さまのご長女様が婚約? 良かったですね。

 

皇族の女性は、皇族と結婚しない限り民間人になってしまいますが、秋篠宮さまのご家族はある意味一般市民に近い存在でとても親しみがある方々だから分け隔てなく多くの国民に受け入れられるでしょう。

 

明るいニュースはいいですね!

 

スポンサーリンク

 

 

本日の商材はこれです!!

 

商材名 泉忠司PRESENTS 6000兆円プロジェクト
販売元 NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC. Marlo S. Padua
メールアドレス info@noah-coin.com
住所 Unit 303 AVIDA CITYFLEX SOHO 7th Avenue cor Lane T, North BGC, Taguig City
URL http://megawave-01.info/lp2-1/

 

今回はちょっと毛並みの違った情報です。

 

これは凄い詐欺商材を見つけました。最近流行りの仮想コインの詐欺情報です。

 

この度、泉忠司氏が手掛けるビジネスは、仮想通貨です。暗号通貨ともいわれます。その仮想通貨ですが、現在、たくさんの類がインターネットで出回っております。

 

ビットコインぐらいしか知らない方もいるかと感じますが、詐欺まがいなものも含めて、実いろんな通貨があります。その内でも、この度は「ノアコイン」を手掛けます。

 

ちなみに「ノアコイン」と命名したのは泉忠司氏であります。

 

銘柄の由来は「ノアの箱舟」。沈みゆく日本から「逃げ出せる処」として、「ノアシティ」があり、ノアコインをもった人民がユートピア的な空間で生活できる。また、ノアコインを日本で広めることで、フィリピン国家の貢献につながるようです。

 

フィリピン政府の見解です。
http://tokyo.philembassy.net/ja/01announcements/notice-to-the-public-9/#nav-cat

 

見ての通り、フィリピンの大使館が公式にノアコインは政府プロジェクトでは存在しないと断言しており、販売ウェブサイトには先行的な販売の権限も与えていないとしています。

 

では冒頭に上げたノアコインの販売ウェブサイトは何でしょうか???

 

政府とは何の交わりもありもしない、第3者が自分勝手に正式を装って立ち上げたウェブサイトになります。しかもウェブサイトには嘘の所在地を載せてるようです。明確に詐欺ウェブサイトです。

 

預かった金銭ってどこに行ってしまうのでしょう。怖ろしいですね。市場に出るのは2018年の6月ですよ。本当に危ないですから気をつけて下さい。

 

ただし、ノアコインも仮想通貨の一種であるため、存在そのものは詐欺とは言い切れませんが、販売手段に欠点がありますね。マルチ商法になる可能性も十分にあります。

 

この度はこうしてフィリピンの大使館が公式に発表したことにより、インターネットでは騒然となっています。

 

仮想通貨は日本でも流行り始めました。しかし、詐欺情報が多くなってきていますから本当に注意して下さい。仮想通貨系は本当に危なくなってきています。

 

例えば、最近はこんな話もありました。

 

「2017年4月、インドのムンバイでワンコイン(ワンライフ)のミーティングに潜入していた私服警官によって、ワンコイン社(ワンライフ)のディストリビューター22名が「ねずみ講詐欺」容疑で逮捕。」

 

仮想通貨は、詐欺師業界のなかでいま最もホットな商材になっています。

 

まずは妥当な価格というものがない。コイン自体も見えない存在です。どこまでが詐欺なのか基準をつけられない商材です。証券取引法や金商法、出資法にも今現在は抵触しないようです。

 

詐欺師が喜びますよね。本当に好都合な商材なのです。

 

だからこそ関わっている感がありますよね!このインタビューアーの土屋ひろし(博嗣)も非常にやばい人物です。

 

有限会社アクロサーブ、日本投資教育出版株式会社ワールドコンサルティングと名を変え、さくらばかりの出会い系サイトやFX、競馬などの情報商材、そして土屋塾というモーリシャス経由での高額塾を販売していました。

 

そして、どうやら与沢翼のビジネスパートナーでもあるようです。

 

ネオヒルズ系のプンプン臭う商材ですから、本当に気をつけましょう。与沢翼土屋ひろし橋本慶一久積篤史のラインは本当に詐欺師ですから気をつけましょう。

 

仮想通貨は本当に危ないです。ビットコインくらいにしておいた方が絶対良いです。何故なら、ネズミ講では扱われやすい非常に便利な商品だからです、仮想通貨は!!

 

ねずみ講の概念等、こちらでご参照下さい。
http://viral-community.com/starting-side-business/pyramid-scheme-3943/

 

実際にはネットワークビジネス業界ではもう既に多くの会社が仮想通貨を扱っています 。

 

ではここで詐欺にあわないための指針を載せておきます。

 

・セミナーで勧誘している。または友人から勧誘されている。

販売することでのキックバックがあるのもそうですが、こういう場所、人を介してというのは詐欺を隠すための手法の場合が多いです。特に仮想通貨はお金と考えればわかりやすいでしょう。アメリカのドルをセミナーで買いますか?このタイプの仮想通貨は100%詐欺と言って良いです。

・代理店が販売している

代理店は必要ありません。取引所で取引されなければいけないものなのです。現実の通貨の取引を見ればわかるでしょう。

・最低購入価格がある

詐欺師にとって大きく買ってもらわないと旨味がないからでしょう。ビットコインはそれこそ10円くらいから買えますよ。

・価格保証がある

価格保証はこういう場合は一般的に違法です。株ならば証券取引法違反になります。

・買取保証がある/買い取りの事例がある

買い取りのパーセンテージを確認しておきましょう。全部が返らないのならば詐欺です。それは100万円買ってもらって、50%だけ買い取っても詐欺師には旨味がありますから。

・有名人の名前を出す

一般人は有名人の名前が出た所で、本人に確認する方法はありませんから。勝手に使っている場合が殆どです。このノアコインを見て下さい!フィリピン政府ですよ!!バレバレでしょう。(笑)おバカとしか言いようがないです。

・日本だけで販売、ここだけで販売

ありえません。通貨というのは何処でも誰でも買えるのだから通貨なのです。商品ではないのです。

 

この中の一つでも当てはまるようでしたら、間違いなく詐欺ですから止めましょう。

 

本当です!!!

 

本当に今、仮想通貨が日本では熱気を帯びています。詐欺には十分に気をつけて下さい。

 

 

 

※管理人からのオススメは現在この2つのみです

募集は数名のみです!!
貴方を絶対に稼がせます!!

 

※何かご興味がある稼ぎ方、詐欺商材の情報、ご意見ご要望などネットビジネス関係ならば何でも受け付けていますのでこちらに連絡下さい。

earningcredits39★gmail.com (★を@マークに替えて下さい。迷惑メール対策です)

 

 

これからも詐欺的情報商材を叩いていきますので応援よろしくお願いします!!

 

これもポチッとよろしくね!!

情報商材ランキング

 

成功するのは欲望を先送りした人!!

(出典元はお金持ちの法則

 

目先の欲望に負けないように。今は辛いかもしれませんが将来の価値に目を向けましょう。

 

今日もご拝読有難うございました!!

 

それではまた!ごきげんよう!!

GOOD LUCK FOR YOU!!

スポンサーリンク