アルゴス225~日中寄り引けシグナル~ フィデリア株式会社 藤崎慎也 の評判

 

こんにちは!お元気ですか?

 

昨日はプレミアムフライデーでした。知ってます?

 

いつから始まったのでしょうか。今年からでしたっけ?

 

なので思ったほど夜遅い時間の電車は混んでいませんでした。効果あるのですかね?

 

しかし、このシステムは大企業だけの話らしいです。中小企業にはそんな余裕ないでしょう。

 

それよりも残業を何とかしたほうが宜しいのではないでしょうか。(笑)

 

 

さて、本日の商材はこれです!!!

商材名 : アルゴス225~日中寄り引けシグナル~
販売元 : フィデリア株式会社 藤崎慎也
電話番号 : 06-7502-5791
メールアドレス : info@argos225.com
住所 : 大阪府大阪市西区江之子島1-1-9 エルベロワイヤル16-524号
URL : http://argos225.com/cart/

 

これはまたシグナル配信サービスの商材です。日経225先物をビジネスモデルとしています。

 

先物取引はご存知な方は読み飛ばして構いません。

 

先物取引とは現在の価格で将来、例えば3ヶ月後にある一定量を買いますという先のものを取引する事を言います。

 

3ヶ月後に例えば価格が値が上がった時に、その値段で買おうとしている他の人がいたとします。

 

売る側は3ヶ月前の価格より今の価格で買ってもらいたいですよね。

 

その時に先に買っていた人が、これから購入しようとする人に3ヶ月前に買うと約束した権利を売るわけです。

 

価格が上がった分だけ儲かるという仕組みです。

 

分かりますかね?

 

例えばAさんが3ヶ月後に、今のお米価格10キロ2500円で買うと先に取引します。

 

3ヶ月後には価格が3000円に上がりました。

 

Bさんが3000円でお米を買いに来ました。

 

そこでAさんはBさんにお米10キロを買うと約束した権利を3000円で売りました。

 

Aさんは500円の儲けが出ました。Bさんは特に3000円で買う予定でしたから痛くも痒くもありません。

 

何か株取引と似ていますね。

 

何が違うかというと、期限があるということです。現物株みたいに長い間持ち続けることは出来ません。

 

日経225先物というのは、将来の日経平均の値を売買するという非常に賭け事的な要素の多い取引です。

 

小豆とか石油、お米などの商品の先物取り引きがもともと主流です。

 

アルゴス225で儲けることは可能なのでしょうか?

 

ランディングページを見た限りでは無理です。

 

確かに非常に簡単です。メールに送られてきた情報で売り買いすれば良いのですから。

 

難しいのは多分口座開設と十分な資金だけだと思います。

 

記録では2013年がかなりの勝ちっぷりですね。

 

しかしその年からですよね、アベノミクスの始まりは。

 

何度もこのブログでは申し上げていますが、アベノミクス効果は株式市場が開設されて以来、まれに見る分かりやすい相場状況でした。

 

言ってみれば、買えば上がるという状態でしたから、この時期に大儲けした方は多いのではないでしょうか?

 

そんな時期に合わせたロジックを使っても将来的に儲けられるわけがありません。

 

アルゴス225の成績ブログが無料で見れます。
http://225signal.gjgd.net/

 

2014年以降はトントンですよね。やはり2013年に合わせたロジックでしょう。

 

ドローダウンしている月もあります。あまり稼げていない月もあります。

 

そしてこの成績にはダマシがあるのです。

 

この成績には売買手数料が加味されていません。

 

それを差し引きすると儲けは減るはずです。

 

それにスリッページ。寄り付きや大引けでの成り行き取引では場合によって成績表に出ている利益や損失と違う値になることもあります。

 

それは売買量が急激に増えるので、売り買いが同じ量ならいいのですが必ず売り買いのバランスが違うので、取引値が上下にズレます。成り行き取引なので。

 

というわけで成績表に出ている値と実際の取引では違う値が出ることもあるので、その点をセールスレターには明記していないのは、もし詐欺的と言われても仕方がありません。

 

但し・・・

 

その無料で見れる成績ブログには日々の成績表も出されていますが、見送りという日が多すぎますね。

 

売買回数が少ないという事は手数料も低く抑えらるから実はそこまで悪くはないのです。

 

売買回数が多くてその成績だとかなりのスリッページと売買手数料で利益が相殺される可能性がありますからご注意下さい。

 

フィデリア株式会社 藤崎慎也氏は信頼できますか?

 

会社の体にしていますが、きっと個人でやられているのでしょう。

 

近畿財務局長(金商)第384号と表記されているように、投資顧問として登録されているので真面目に活動されている方だと思います。

 

しかし、この方は投資顧問として活動しているのでこんなページもあります。
https://info.finance.yahoo.co.jp/kabuyoso/specialist/yoso/6012

 

勝率55%ですね。ランキンクだと結構上位に入っています。

 

この感じだとある程度信頼しても良いと思います。こういう商材は発売元もきちんと調べておきましょうね。

 

このサービスはオススメ商材でしょうか?

 

いえ、オススメしません。

 

株式にしてもFXにしても先物取引にしても、リスクが多いビジネスモデルに「簡単です」と言って誘導しているわけですからオススメ出来ません。

 

何度も述べるのですが、稼げている時は良いですが、損をし始めた時のフォローが出来ていない商材は全くオススメしません。

 

最初から稼げるとは限りません。ドローダウンから始まる可能性も大なのです。

 

そうなるときっと損を取り返そうと取引量を上げるでしょう。そして損害が増えていく。

 

初心者にはありがちと「どツボ」という状態に陥り、そして市場から退場していく。そのような方々を沢山知っています。

 

この商材には損切りという概念がありません。朝の寄り付きでエントリーして、午後の大引けでエグジットする。

 

さて、日経平均では今までで最高一日1000円以上のドローダウンを経験しています。

 

売りで入ってたら大儲けですが、買いで入ったときにはどう思います?かなりの損失ですよね。

 

個人株主で長年取引してる方でもかなり落ち込みますよ。

 

トレードを行う上での技術的なことよりも、心の問題、心理的な訓練をしない限りはこういう取引をするのはオススメしません。

 

絶対に負けますから。信用して下さい。(笑)

 

先物取引はビジネスモデルとしては?

 

先物取引は特に期限がありますから本当に難しいビジネスモデルです。大儲け出来るものではありません。

 

証券会社などはリスクヘッジとして225先物取引している方が多いので、先物取引だけという事ではないのです。

 

初心者が始めるようなビジネスモデルではありません。

 

投資というのは長期に渡っての利益を作っていく手段として利用するものであって、短期的な一時的な儲けを狙うのはもう博打と同じと考えて下さい。

 

博打打ちが好きならどうそおやり下さい。どうせ負けますから。

 

成功するのは欲望を先送りした人

 

博打でもなんでも勝てるようなるまで続けらればもうそれは立派なプロとして生きていけるのだから、私がツベコベいうことはありません。

 

逆にそういう人は大尊敬します。

 

でも目の前の欲望だけに目がくらんでいる方には、これは全くオススメしない商材です。

 

それでも買いたいならどうぞご自由に。

 

月10800円ならば失敗しても痛くはないですよね。

 

取引しての損は痛いでしょうけど。(笑)

 

今日もご拝読有難うございました!!

 

それではまた!ごきげんよう!!

 

GOOD LUCK FOR YOU!!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください