ポケットビジネス Dacoon株式会社 上田幸司 の評判

こんにちは!お元気ですか?

なんかWBCで日本頑張ってますよね?野球は実際のところ世界ではマイナーなスポーツですから、この様に世界中のプロが集って開催するイベントは野球好きにとっては嬉しい事なのでしょう。最近の日本人の野球選手としてのレベルは高くなりましたよね。体格も良くなってきたし、技術習得に関しては日本人の能力は基本的に世界の中をみてもトップクラスですからね。頑張って欲しいです。

因みに、私は野球には全く興味ありません!! (笑)

 

 

さて、本日の商材はこれです!!!

商材名 ポケットビジネス
販売元 Dacoon株式会社 上田幸司
電話番号 03 – 5308 – 0134
メールアドレス support@apps.jp.net
住所 東京都新宿区西新宿8-3-32 カーメル1 #204
URL http://pokebi.com/letter/pokebis/

 

この商材はスマホアプリを初心者でも開発して、その後は何もしなくても報酬が発生するよく有りがちなな不労所得商材を売りにしています。具体的に言えば、誰でも何処でも簡単にアプリを作れるツールのノウハウを提供しているものです。

見てもらえればわかりますが、まずは無料オファーで情報を得ることが出来るようです。そしてセミナーも開催しています。それは3000円で参加出来るようです。

無料オファーの場合には動画視聴ページに誘われて、結局のところは「アプリビジネスマスター塾」というバックエンド商材、というか6か月で398,000円の高額塾に紹介に繋がります。
http://apps.jp.net/letter/pay30aff/

セミナーも間違いなく同じくその塾に、もしくは塾とは銘打たないで勧誘される事になるでしょう。中身は一緒なはずです。

要するにはスマホアプリのビジネスを始めるのに、アプリ登録費用以外の資金は不要なのですが、高い入塾料は払わないと勉強することはできませんよという話です。

高額塾販売の中でスマホアプリを扱う塾は最近少しずつ増えてきましたが、それでも先発組の代表格なのでしょうか、「Dacoon株式会社」の「上田幸司」はすでにもう知られた存在のようです。だからと言って信用してはいけません。相変わらず情報商材でお馴染みのランディングページや動画内の文言で誘い込みます。殆どはセールストークなので疑うべき箇所は多いので気をつけましょう。

この商材簡単に言ってしまうと、スマホアプリからの収入はアプリの画面の一部に表示された、グーグルアドセンスのようなクリック保証型のアフィリエイト広告のようです。つまりミスタップしやすいスマホの特徴なのでしょうか、表示しておくだけでアフィリエイト収入が発生しやすいのと、アフィリエイトである故に初期費用が全くかからない事から、ある時期はかなり注目されたビジネスではありました。

ただ今現在は多くの個人や企業がアプリからの収入源を期待して開発競争は激化し始めているところです。確かに当たれば大きいのがスマホアプリビジネスですが、参入者も多いためでしょうか、実践から中々収入に結びつける事が難しい状態になっています。

さて、一応商材の中身を説明しておきます。

このツールを使って作成できるアプリは、以下の6つのようです。

1.クイズアプリ
2.読み物アプリ
3.動画まとめアプリ
4.画像集アプリ
5.診断アプリ
6.音楽アプリ

確かにこの高額塾を取れば、簡単にアプリを作ることは可能かもしれません。そのためのツールの販売みたいなものですから。でも作ったアプリをダウンロードしてもらわなければアフィリエイト収入など期待出来ないわけです。ということはアプリを作っただけで不労所得で暮らせるものなのでしょうか?結局は内容がないアプリなどダウンロードする人などは居ないわけです。ブログやサイト作りと同じで、結局は中身のアイデアは自分で考えないと行けない事になります。

大手企業、プログラマーなど本業としてアプリ開発をしている競合している中で、収益化していこうと思うと抜きん出たアイデアがないとどのようにダウンロードしてもらうのか、そのことも重要になってきます。

この動画に登場する「いわきさん」は実践記をブログにしています。そこでは何故かアプリのアイデアを募集しています。というくらい一人では難しいのです。自分一人ではアイデアなどはすぐに枯渇してしまうので他人のアイデアが必要になります。でも、誰が簡単に面白いアイデアを供給しますかね?結局は誰もがダウンロードしたくなるような、そして長期間利用されるための絶対的なネタやアイデアを探し続けないといけなくなります。だから会社、企業の方が優位なのです。

何だ!結局はアイデア勝負になってしまうのか?!と思いますよね。誰でも簡単に稼げるような市場と思いますか?

目安としてお知らせしておきます。アプリのダウンロード数別の広告収の大まかな指標です。
・100万ダウンロード以上で500万円
・10~50万ダウンロードで20万~200万円
・3万~5万ダウンロードで5万円

500万円という金額は大金ですよね。でも100万ダウンロードされるアプリは間違いなくベストセラーアプリですよね。それでたったの500万円??と思いませんか?不労所得という金額には程遠いですよね。これをみて分かる通り、面白いアイデアをアプリに出来ればある程度は稼げることは可能ですが、ダウンロードされなければ大した金額にはならないということです。

またアプリを作ったとしても将来的にはアップデートしないと行けないので、ほったらかしには出来ません。OSなどのプラットフォームのアップデートの度に改修を行う必要があります。ポケットビジネスの内容があくまでもスマホアプリを使ったビジネスの場合、作ったら終わりというわけでなく更に勉強して覚えていかないことが増えてくるでしょうし、面白いアプリの数も増やしていかないと不労所得にはほと遠い無いようなので、その点には注意しないといけません。

この上田さんは実は過去に「進撃の錬金術」といった似たような商材を販売しています。結局、多くの商材販売者がやるような、似たような手法をアレンジして、パッケージを変えて販売しているわけです。調べればわかると思いますが、上田幸司の過去の塾が全く同じスマホ完結できる内容ばかりと思って構いません。つまり、彼が売っている商材は全てスマホアプリを作ってダウンロードさせてアフィリエイトで稼ぐというだけのことです。

それならば、アプリの作り方は書籍や、下手したら無料でネットで手に入りますよ。結局の所、アイデア一つで稼げてしまいますから。

全くオススメしない塾ですね!!それだけのお金に余裕があるのならば、書籍等で十分勉強できます。何でも自分次第なのですよ!成功も失敗も!!

 

買わないのも投資ですよ!!

今日もご拝読有難うございました!!
それではまた!ごきげんよう!!

GOOD LUCK FOR YOU!!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です