商標出願マスター講座 株式会社グラバー 吉村啓志 の評判

こんにちは!お元気ですか?

 

文化の日ですね。この時期は多くの学校が学祭をやっていますよね。

 

懐かしいなぁ。一杯ハメ外しましたね。高校でも大学でも。

 

何やっても許された年頃でしたね。あの頃にはもう戻れない。

 

ちょっと淋しい気分になります、文化の日は。

 

 

 

さて、本日の商材はこれです!!!

商材名 自分でできる商標出願 「商標出願マスター講座」
販売元 株式会社グラバー 吉村啓志
電話番号 03-6869-4126
メールアドレス info@gnet.tv
住所 東京都新宿区大久保2-14-16
URL http://www.yoshimurakeishi.com/ssmc

 

異色な商材を取り上げてみたいと思います。

 

商標登録の出願のためのコンサルタントのような商材です。

 

商標って何ですか?

 

ですよね。

 

商品やサービスのロゴや名前(文字)のことです。

 

商標を特許庁に登録することである意味「独占権」を得られることとなり、真似をしている会社などを訴えて損害賠償や権利使用料を請求したりできます。

 

なんかたまにニュースとかで見ますよね?日本で商標登録して大きくなった会社が海外進出しようとしたら、その国でその商標を赤の他人が取得していて商標が使えないで困っているという話とか聞きますよね?

 

商標って言っても区分がかなり複雑なのです。区分というのは我々で言うカテゴリーですね。区分は全部で45種類あります。

 

何が難しいかというと、一商標一区分ではないのですよ。何区分でも登録出来るのです。またその方が商標権をより広い範囲で守ることが出来るので商標に関するカテゴリーは出来るだけ多いほうがメリットがあります。もちろん商標とは余りにもかけ離れた区分は如何なものかと思いますが。

 

というのも区分が多ければ多いほど収入印紙の金額がかさみます。所謂出願料にあたる金額なのですが、それがデメリットにはなりますね。

 

大まかな手続方法です。

 

まずは自分が登録したい商標がすでに登録していないか調べる。

 

これは簡単に調べられます。こちらのホームページで調べられます。
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

 

そして自分の商標をどの区分で出せばいいか調べる。

 

それは、他の似た商標などが参考になりますから、いろいろ調べてみるべきです。そこにはどんな文言で登録しているかもわかるので申請書の作成のときには有用です。

 

そして必要書類の準備。こちらでダウンロードできます。
https://faq.inpit.go.jp/industrial/faq/search/result/?tvid=7&catename=%E5%90%84%E7%A8%AE%E7%94%B3%E8%AB%8B%E6%9B%B8%E4%B8%80%E8%A6%A7

 

そして特許庁に電話をして、書類等の確認を行う。

 

個人でやる場合はいろんな不備があるので、とにかく色々聞いておけば問題ないでしょう。

 

特許庁の電話番号:03-3581-1101

 

そして出願です。郵送でも、特許庁に直接出すのもOKです。直接の方がその場で不備を直せるのでオススメします。

 

ということで、個人でも出来ますからこの商材は全くオススメしません。

 

この著者である吉村氏は佐世保バーガーの創業者です。

 

商標登録を怠ったために、ニセの佐世保バーガーの店を真似された店舗が数多く出来てしまったようです。

 

その苦い経験からこの講座を開きました。開くというより著作物なので書いたといった方が適切ですね。

 

この方の経歴はランディングページで読んで頂ければわかるのですが、佐世保バーガーでの成功以来いろんな事業を展開していたのですが、ある時にそれらを売却してなんとFASホールディングスの代表取締役に就任しているのです。

 

これが眉唾ものなのです。あの与沢翼が代表取締役会長なのです。FASホールディングスという会社は与沢氏の息のかかった会社なのです。

 

与沢翼に関してはもうかなりの詐欺師として、ネット業界ではネオヒルズ族としてあらん限りの詐欺をやってきた人物です。ネット検索すれば信じられないくらいの数の情報が出てきます。

 

特にこの与沢氏は2回も破産していますが、どうも計画破産の可能性も指摘されています。財産は海外に隠して破産させる。

 

その内容は噂の域から出ないですが、それくらいきな臭い人物なのです。

 

そういう会社の社長が出している商材ですから、まずは疑ってかかった方がいい。

 

株式会社グラバーって何なのでしょうね?長崎にあるグラバー邸にかけたのでしょうかね?全くのペーパーカンパニーの可能性も否定できませんね。

 

それに特許の出願は、特許事務所という独立法人や弁護士が運営している会社は多く存在しますので、そういう所で相談した方が間違いありません。

 

金額的にはこの商材は3万円なので、平均的な報酬としては安いほうです。それに、サポートもそれなりに充実しているようです。出願終了後も何か不備が指摘されたりして思うように進まないときには相談にのってくれるようです。

 

でも、大事な商標です。このような安易な方法を取らずに、個人で進めて見てダメなら特許事務所や弁護士にお願いして下さい。

 

与沢翼の会社かぁ、ダメですね、この商材。全くオススメしません!!

 

今日もご拝読有難うございました!!
それではまた!ごきげんよう!!

GOOD LUCK FOR YOU!!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です