Kanmei225 Ver.3 坂本治司 の評判

こんばんは!お元気ですか?

 

しかし、あのイギリスでのコンサートの爆発事故、悲惨ですね。本当に許せない。

 

テロとして調べているようですが、酷すぎる。コンサート会場で。

 

ヨーロッパは昔からテロは多かったですが、最近はまたひどくなってきたようですね。世界情勢を注視していますから。ヨーロッパ諸国で好きな国が多いので。

 

 

 

さて、本日の商材はこれです!!!

商材名 Kanmei225 Ver.3
販売元 坂本治司
電話番号 080-3076-5381
メールアドレス support@info-manual.com
住所 静岡県浜松市中区中島3-2-24
URL http://info-manual.com/ic/kanmei225

 

日経225先物を主体としたビジネスモデルです。

 

ご存知な方もいると思いますが、日経225先物とは選ばれた株式225銘柄の平均の値を出している指標の将来値に対して売り買いをして最終的な期日に精算されるという、正直言ってこんな博打みたいな金融商品でのトレード手法の一つがこの商材です。

 

正直いいますが、これでは利益は上げられません。

 

再現性が高い商材と言っていますが、市場の動きに再現性100%はありません。

 

バックテストも5年位です。

 

この商材のランディングページでハッキリ言っています。2012年の頃に1000円ほどのドローダウンがあったと。この年はあまりいい成績ではなかったということです。

 

当たり前ですよ。アベノミクスの数年は本当にわかりやすい相場でした。結構、個人投資家も儲かっていた筈です。システムトレードなんてしなくても買っていれば儲かっていましたから。(笑)

 

そんな時期をバックテストに使っていても全く意味がありません。

 

バックテストが出来るなら、最低20年以上、バブルの後の頃から調べ上げるべきです。本当なら40年前くらいまで遡ってもいいくらいです。

 

そうするとわかるはずです!!全ての相場で利益を上げられるシステムトレード、特に自動売買プログラムはありません。

 

「初心者でも簡単にトレードが出来る」
「どの商材よりも簡単で再現性が極めて高い」

 

こういう誇大広告はどの商材にも使われています。信用してはいけません!!

 

さらにランディングページを見ていきましょう。

 

この商材は裁量トレードと自動売買でのシステムトレードの2種類の手法を販売しています。

 

裁量トレードとは学んだノウハウで自分自身が売り買いするというトレード。自動売買はお分かりだと思います。

 

自動売買プログラムはどうもクラウドで動かすようですね。ということはPCを立ち上げなくてもトレードが続けられるという、正直恐ろしい手法です。

 

そうですよね、PC開いたらあらまぁ!!損しまくっているという事も十分に考えられます。

 

今までの自動売買プログラムはPC上でしか動かせませんでしたから、それは進歩といえば進歩なのですが・・・

 

裁量トレードでも自動売買プログラムでもそうですが、自分が損をし始めて、ドローダウンが多くなり、我慢できなくなりシステムをイジってさらにどツボにハマる。

 

見え見えですね。

 

最大1000円のドローダウンはさすがに耐えるにはちょっと大きすぎるのですよ。まずそういう自動売買プログラムは止めたほうがいいです。絶対システムをいじってしまいます。

 

いじってしまうとそれはもうシステムトレードでは無くなってしまうのです。バックテストで上がって来た期待値は完全に無視されるわけですから。そしていじりまくってどツボにハマっていくのですね。

 

まだ裁量トレードの方が自分の判断の責任になるのでまだ精神的にもコントロール出来ますね。上手く行かなかったら休むという手段もあります。

 

自動売買プログラムはどんどん勝手に動きますからね。

 

それに、ランディングページ上の売買履歴には欠点があります。

 

売買手数料です。

 

トレードが多くなれば自然と手数料も上がってきますので、本当の利益率はもっと低いはずです。

 

こういう詐欺的商材は、ところどころ正しいことを書いています。

 

「誰でもが同じ結果を出せるわけではない」
「正直にいいますとドローダウンは最大約1000円で、1か月半近く続くこともありました」

 

など、こうやって悪い材料を出すことによって信頼を得ようとする。

 

詐欺師というのは90%以上正しいことをいいますけど、ほんのちょっとの嘘で詐欺を上手く働かせる。

 

でもこの商材は詐欺をしているとは言いません。このような販売の仕方をしている商材なんていくらでもあります。巷での商品の数々でもそういうのはありますから。

 

詐欺的商材と私はここでは表示しています。

 

殆どの情報商材はその部類に入ります。特に金儲けの部門は。

 

これだけは覚えておいて下さい。どの商材でも共通です。

 

「情報とは発信者に有利です。」

 

自分に不利な情報など出しますか?出しませんよね、最終的には。

 

ライティングページは長いのが今は主流です。

 

いろんなことが書いてあります。巧みな情報、心理的な揺さぶり等多くの手法を長ーいランディングページに盛り込んでいます。

 

それを読んでいる内に騙されてしまうのですね。上手く出来ていますよ、こういう長文な手法は。

 

でも何度も言いますが、読んでいる側は情報弱者。不利なのです。

 

ならばどうすれば正確な情報を得ることが出来るのか?と思いますよね。

 

正直無理です。凄く難しいです。

 

だからこのブログは商材を「オススメしない」ブログなのです。(笑)

 

相場師に弟子入りすると大抵の場合、最初の1,2年は新聞は全く見させてもらえません。

 

新聞を読むと必ず自分の主観、批判的に情報を読んでしまったり、自分勝手にこれは信用できると思い込んでしまう。

 

本当にその情報が正しいのか実は誰にもわからないのです。

 

でも金儲け系の情報発信者は100%正しい事を発してはいないと思って良いです。つまり自分に有利なように発信するのです。

 

何故なら弱肉強食の世界ですから。片方が儲けたときには必ず片方は損をしている、そういう世界ですから。

 

情報発信者の方が強いのです。

 

だからランディングページも信用してはいけないということなのです。

 

目先の利益を考えずに、コツコツと出来る人だけが成功しますからね。

 

欲望を先送りにできる人だけが成功を収めるのです!

 

覚えておいて下さいね!!

 

今日もご拝読有難うございました!!
それではまた!ごきげんよう!!

GOOD LUCK FOR YOU!!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください